病院のご紹介

病院長ご挨拶

地域に信頼される最高の基幹病院を目指して

京都第一赤十字病院 院長 池田栄人

<愛と誠と夢>
当院は、地域医療とともに救急・周産期、がん、災害医療等に精力的に取り組み、京都府南部における最高の“高度急性期”病院を目指して参りました。令和の時代となり、高度急性期だけでなく、生活や人生に寄り添う医療も重要となり、地域医療提供体制の見直しや働き方改革が大きな課題となりました。そのため、今後は地域に信頼される最高の“基幹”病院を目指して参りたいと思います。

同時に、“愛”と“誠”と“夢”のある病院でもありたいと考えます。“愛”とは、患者さんだけでなく同僚や他のスタッフへのやさしさ・思いやり、利他の精神、正しく・公平でみんなのためになるか・・・これらは医療従事者としてだけでなく人としても大切な精神です。“誠”とは、「誠実」で、やるべきことをやる、それも迅速に!してはいけないことをしない、した場合の反省と改善です。このたゆまぬ繰り返しが、人や組織を進化させてくれます。“夢”とは、どんな状況でもうつむかないで前を向くためのエネルギー源です。いろいろな夢を持ち、共に前に進みましょう!

京都第一赤十字病院 院長 池田栄人