病院のご紹介

平成28年度 京都第一赤十字 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1718 372 453 657 989 1152 2927 3872 2498 379

年齢階級別退院患者数は、当院を退院された患者さんの年齢を10歳刻みにして集計したものです。
当院は、地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんを診療しています。中でも「地域がん診療連携拠点病院」として、がん治療を積極的におこなっていることから、がんにかかりやすい60歳以上の患者さんを多く診療しています。
また「総合周産期母子医療センター」として指定されているため、新生児・小児といった10歳未満の患者さんが多いことも特徴といえます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 166 9.17 9.02 0.00% 73.73
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 125 7.83 11.74 0.80% 71.98
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 105 8.74 11.06 0.00% 75.39
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 9.35 9.91 4.08% 69.90
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 47 6.60 8.70 0.00% 73.19

1位は胃癌(内視鏡的粘膜下層剥離術)、2位と5位は肝癌(肝動脈塞栓術とラジオ波焼灼術)となっており、癌の患者さんを多く診療しています。当院は「地域がん診療連携拠点病院」であり、 積極的に内科的な侵襲の少ない癌治療に取り組んでいます。
3位の代表的な疾患は胆道結石、胆嚢炎であり、内視鏡による採石や閉塞性黄疸の治療を行っています。
4位の食道癌内視鏡治療として,胃癌と同様に多くの粘膜下層剥離術を安全に施行しています。
消化器センターでは、最新かつ最良の医療を安全に提供することをモットーに、年間約 24,000件の内視鏡および超音波を用いた検査・治療を行っています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 161 4.96 6.02 0.00% 1.14
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 119 5.28 5.79 0.00% 3.89
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 101 4.13 6.18 2.97% 0.05
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 96 3.75 5.50 0.00% 4.35
030270xxxxxxxx 上気道炎 85 4.44 4.83 0.00% 2.15

当院は、京都府で唯一の「総合周産期母子医療センター」に指定されているため、超低出生体重児、低出生体重児、早産児、新生児を多く診療しています。また総合病院の特色を生かし、小児外科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、心臓血管外科、整形外科、泌尿器科、皮膚科、形成外科と連携した集学的な治療を行っています。
一般病院ですので、肺炎・気管支炎・喘息といった呼吸器系の疾患、腸炎などの消化器感染症の入院が多いですが、神経・筋疾患、内分泌・代謝疾患、糖尿病、川崎病を含む小児循環器疾患、腎疾患、膠原病・自己免疫性疾患、血友病などの血液疾患、アレルギー疾患、小児消化器肝臓疾患(慢性疾患)など幅広く診療しています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 354 2.91 3.06 1.69% 71.30
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 232 3.33 4.71 1.29% 70.35
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 88 2.90 3.22 1.14% 73.10
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 78 3.41 5.85 3.85% 72.31
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 67 16.82 17.95 13.43% 82.76

DPC診断群分類の上位3位は狭心症・慢性虚血性心疾患で、1位と3位が心臓カテーテル検査、2位が経皮的冠動脈形成術に関わる入院です。平成28年の検査総件数は759件、カテーテル治療は343件で、循環器内科入院症例数最多の81%を占めています。近年、冠動脈造影時に血管内画像検査(血管内超音波、光干渉断層撮影)で血管壁性状を評価したり、冠動脈内圧測定を用いた生理学的狭窄度評価を行うなど、より高度で正確な検査を追加することが多く、「心臓カテーテル法による諸検査+血管内超音波検査等」が増加しており、3位となっています。4位は末梢動脈疾患・重症虚血肢に関わる入院で、平成28年の血管内カテーテル治療総数は196件でした。5位は「手術、処置、副傷病名のない心不全」ですが、平成28年の主病名が心不全である入院総数は182件でした。当院は高次救急指定病院であり、より重篤で併存疾患を有する急性心筋梗塞や心不全が搬送されてくる傾向があるため、必要に応じ他の専門科と協力して包括的な高度医療が提供できるように取り組んでいます。生活習慣の変化や高齢化に伴い動脈硬化疾患が増加傾向である本邦において、今後も地域医療に貢献してゆきたいと考えます。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 106 10.79 9.88 0.00% 34.89
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 105 6.23 6.29 0.00% 43.19
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 81 4.85 5.12 0.00% 60.75
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 72 6.00 6.42 0.00% 40.88
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 65 4.28 4.92 0.00% 58.08

1位 当院は京都府唯一の「総合周産期母子医療センター」として指定されています。正常分娩から早産、ハイリスク妊娠など様々な患者さんに対し、安心・安全な妊娠・分娩・産褥管理を提供し、産婦人科医師や助産師だけでなく新生児科医師、そのほか当院のすべての科との協力体制の下、あらゆる周産期の異常に迅速かつ適切な対応を心がけています。
2位 子宮筋腫や子宮内膜症に対し腹腔鏡下手術を積極的に行っております。また京都府下産婦人科において最多の腹腔鏡手術を行っています。
3位 子宮頸・体部悪性腫瘍・卵巣癌に対し、術前または術後の治療として抗がん剤を用いた化学療法を行っております。
また正常分娩(自然分娩)についても数多く診療していますが、DPC対象外のため集計していません。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 121 22.50 27.63 87.6% 79.82
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 72 19.56 24.42 31.94% 65.60
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 70 25.17 26.26 5.71% 74.27
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 46 13.07 17.99 0.00% 71.22
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 38 17.13 20.64 71.05% 70.82

1位は大腿骨近位部骨折となっています。本骨折のほとんどは、高齢化により骨がもろくなったために起こる骨粗しょう症性骨折です。歩く力の衰えた患者さんが多く、術後もしっかりとしたリハビリテーションを行う必要があります。早期に手術を施行し、早期にリハビリテーションを開始し、術後の状態が安定した段階で、地域の回復期リハビリテーション医療施設へ転院いただき、自宅へ安心して退院出来るまで切れ目のないサポートを行っています。2位と3位も、高齢者に多い関節の疾患です。これらの関節の疾患により歩く力が衰えると、将来要介護となる危険性が高まります。われわれは皆さんが最後まで元気で動き回れる体を維持できるよう、これらの疾患の治療に日々取り組んでいます。脊椎疾患では腰部脊柱管狭窄症の手術症例の占める割合が多くなっています。その他当院では頚部(首)から腰部(こし)にいたるあらゆる脊椎の疾患に対応が可能です。手術治療は顕微鏡を用いた筋肉温存の低侵襲手術(MILD)、経皮的内視鏡を用いたヘルニア摘出術(PED)や低侵襲脊椎固定術(XLIF、OLIF、MISt)などの最新の術式を行っています。そのため治療に必要な入院期間(在院日数)は全国レベルより短く、より早期の社会生活復帰が可能になっています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 15.27 15.92 0.00% 69.31
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 47 4.51 5.60 0.00% 40.79
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 42 15.43 17.65 2.38% 69.55
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 32 5.13 6.82 0.00% 55.84
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 8.23 9.08 0.00% 71.35

1位は大腸癌となっています。併存症を有する患者さんを除き、術前・術後をクリニカルパスを用いて管理しています。いずれのステージにおいても、腹腔鏡手術を念頭に術式を決定しています。退院後は可能な限り地域連携手帳を用いてかかりつけ医との連携を図るようにしています。
2位は虫垂炎でほとんどが緊急手術となります。当院は従来から救急医療に積極的に取り組んでおり、入院時から医局員全員でカンファレンスを行って最適な治療法を検討しています。患者さんと相談し、腹腔鏡で行う場合もあります。
3位は胃癌となっています。こちらもクリニカルパスで管理しています。ステージⅠB までは腹腔鏡手術を念頭に術式を決定しています。
4位は胆嚢結石などに対する腹腔鏡下胆嚢摘出術となります。当院では胆のう炎合併例など癒着高度な症例も多く、そのような症例に対しては安全を考慮し開腹で手術を行うこともあります。
5位は緊急入院の腸閉塞のうち、手術を行わず保存的治療を行う場合にあたります。虫垂炎と同様、医局員全員で最適な治療法を検討し、減圧チューブの挿入や手術が必要かどうか判断しています。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 154 2.62 3.68 1.30% 72.05
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 76 16.42 21.25 32.89% 83.50
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 75 8.28 12.35 0.00% 67.72
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 64 11.48 19.92 7.81% 71.64
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 30 8.27 12.01 0.00% 66.10

当院は「地域がん診療連携拠点病院」であり、積極的に癌の診断・治療に取り組んでいます。そのため診療疾患の1位、3位、5位は肺がんとなっており、呼吸器外科や放射線診断・治療科、病理診断科との連携により、より高度な検査・治療を目指しています。また第4位の間質性肺炎は比較的珍しい病気ですが、がんと同様に各科との連携により総合的な検討を行い、各分野のガイドラインを参考にしながら診断や治療方針について最善と思われる方法を提案しています。第2位の誤嚥性肺炎は主に高齢者の疾患ですが、救命救急センターからの重症例が多く、救命できても誤嚥自体が改善せず、経口摂取ができないため転院率が高くなっています。治癒率が高い一般的な肺炎は別に集計されています。転院率は高くありません。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 99 8.54 9.36 0.00% 46.44
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 82 8.32 8.12 0.00% 22.28
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 64 7.13 7.47 0.00% 52.94
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 28 5.71 5.50 0.00% 41.18
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 10.38 14.06 0.00% 58.77

当科では年間約700件の手術を施行しており、耳鼻咽喉科・頭頸部外科全般的に治療を施行しております。中でも中耳・外耳疾患は鼓室形成術を中心として、年間約200件の手術を施行しており、この症例数は全国でもトップクラスであり、京都府内外から多くの患者さんが受診されております。
耳鼻咽喉科においてもっともポピュラーな扁桃疾患・鼻副鼻腔疾患も手術治療を中心に行っております。また、当科は日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医制度指定研修施設に認定されており、年間100名以上のがん新患患者さんが受診しており、手術・放射線・化学療法を中心に治療を施行しております。また、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性咽喉炎、深頸部感染症などの救急疾患にも対応しており、点滴治療や時には外科的治療を行っております。

脳神経・脳卒中科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 64 11.06 16.54 14.06% 69.80
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 55 3.16 3.25 0.00% 73.51
010060x3990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 23 12.74 21.70 30.43% 71.26
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 22 12.55 18.76 22.73% 75.82
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 13.72 18.71 5.56% 73.72

急性期脳梗塞をはじめ、神経救急疾患の患者さんは、京都府全域から大阪北部にかけて多数受け入れています。
その中でも、超急性期脳梗塞の再開通治療(tPA静注療法とカテーテル手術)では日本のリーディングホスピタルと評価されており、当科から全国に向けて情報を発信し続けています。

血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 149 15.34 16.83 2.01% 73.51
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 61 21.72 34.90 1.64% 71.23
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 46 32.70 41.96 8.70% 68.91
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり 42 19.74 25.11 4.76% 70.43
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 40 14.83 14.53 0.00% 72.98

上位すべてリンパ組織、造血組織のがんとなっており、がんの患者さんを多く診療しています。当院は「地域がん診療連携拠点病院」であり、積極的にがん治療に取り組んでいます。
主な疾患として、びまん性大細胞型リンパ腫、濾胞性リンパ腫、急性骨髄性白血病、多発性骨髄腫などがあげられます。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 104 5.62 7.44 1.92% 75.08
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 59 5.14 5.83 0.00% 62.64
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 43 10.33 12.43 9.30% 73.19
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 24 8.88 11.72 4.17% 68.63
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 20 13.60 12.52 5.00% 67.25

膀胱癌・尿路上皮癌・腎癌などの悪性腫瘍を治療することが多く、入院症例数にも反映しています。外来が主になる前立腺癌も含めてですが、各種の泌尿器癌に対する手術療法・薬物療法など全ての病期に応じた診断・治療に「地域がん診療連携拠点病院」として取り組んでいます。
尿路結石の入院治療は、主に手術療法です。経尿道的尿路結石砕石術(TUL)、経皮的尿路結石除去術(PNL)を行っています。
尿路感染症は、単純な腎盂腎炎から結石などにともなう重症感染症まで治療を行っており、必要時には尿路ステント留置などの緊急手術にも迅速に対応しています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 13.39 19.35 58.06% 69.94
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 28 13.29 22.08 57.14% 67.32
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 14.58 22.05 61.54% 70.46
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 17 2.00 3.20 0.00% 63.35
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 6.53 9.87 0.00% 65.40

当科入院患者さんの代表的疾患
1.軽症脳出血 手術を要しない軽症脳出血。血腫の拡大を降圧を主体に防止し、合併する麻痺に対して、早期からリハビリを開始します。
2.中等症頭蓋内損傷 人口の高齢化に伴い、転倒による頭部打撲の患者さんが増えています。開頭血腫除去するほど重症ではありませんが、高齢であることより認知機能の低下を招来し、核家族化と相まって、それまでの生活を継続することができず、療養型病院に転院し、入院継続する場合も多く認められます。
3.中等症脳出血 手術するほど重症ではないのですが、比較的大きな脳出血の場合、上記1の場合と同様に、リハビリ病院に転院する場合もありますが、年齢によってはより長期入院可能である療養型の病院へ転院される方も多いです。
4.未破裂脳動脈瘤 当科の場合、未破裂脳動脈瘤を疑われた方は、1泊2日で血管撮影を行い、精査することにしております。検査自体は1時間程度ですが、その後4時間程度の安静の必要性から、一晩入院して頂いております。
5.軽症頭蓋内損傷 高齢者でない方でも、頭部打撲によって、頭蓋には殆ど損傷のない場合でも、めまい、嘔気、頭痛を訴える方が多くいます。その場合は、様子観察入院としております。

腎臓内科・腎不全科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 80 6.83 12.84 1.25% 68.43
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 43 6.14 7.58 0.00% 62.77
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 31 18.45 22.67 3.23% 55.94
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 14.36 17.95 8.00% 76.28
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 4.24 8.87 0.00% 72.05

糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎臓病や急性腎障害などすべての腎臓病に加え、電解質異常や2次性高血圧など内分泌疾患にも対応しています。
維持透析患者さんの合併症に対して関係各科と連携して診療にあたっています。2016年度は腎生検89例、慢性腎臓病教育入院58例、血液透析導入42例と京都府下トップの実績で、年々紹介患者数は増えています。
また、データには表れませんが、ICUにおける急性血液浄化療法も積極的に行っています(持続血液(濾過)透析68例、長時間低効率血液(濾過)透析47例、エンドトキン吸着21例、その他血漿交換、LDL吸着療法など)。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 41 2.07 3.34 0.00% 64.37
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 6.13 11.38 3.23% 79.61
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 26 25.92 24.70 11.54% 73.58
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 21 32.43 28.23 33.33% 74.05
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 21 10.19 12.74 0.00% 77.67

入院患者さんの多くは手術を受けられる患者さんです。
月曜から金曜日まで毎日手術を行っており、年間120-150例の心臓・胸部大動脈手術と60-80例の腹部大動脈・末梢動脈手術、その他下肢静脈瘤手術やペースメーカー手術を行っています。
単独コードでは1位は下肢静脈瘤となっており、レーザー焼灼術を第一選択としています。2位はペースメーカー埋め込み・交換になり、交換目的での開業医からの紹介も多くなっています。3位は心臓弁膜症となっており、循環器内科や連携病院・開業医と密に連携を保ちながら診療を行っています。4位は解離性大動脈瘤となっており、救急車で当院へ直接搬入されるだけでなく、他院に救急受診後当院へ転送される患者さんも多くおられます。また、これ以外に急性期に手術をせずに保存的に治療する患者さんの受け入れも多数行っています。5位は大動脈瘤で開胸・開腹手術と低侵襲のステントグラフト内挿術を症例によって使い分けています。

リウマチ内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 88 11.72 17.77 1.14% 58.98
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし 19 11.16 14.52 0.00% 61.16
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 10 21.00 19.92 10.00% 64.60
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - - 19.24 - -
070560xx99x6xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 6あり - - 29.92 - -

リウマチ内科の入院では全身性臓器障害を伴う自己免疫疾患、いわゆる膠原病およびその類縁疾患が圧倒的に多いです。多くの方が原因不明の発熱や皮疹・痛みなどで受診され、入院後の検査で診断・治療にたどり着くことになります。比較的まれで複雑な病態が多いため、専門科でなければ対応の難しい患者さんです。次いで活動性関節リウマチ例(19人)や間質性肺炎(10人)、その治療中に重症感染症(敗血症)をきたして入院してこられる患者さんがいます。1500人を超える当科の外来患者数からすればその数は多くはないと自負していますが、さらに安全な関節リウマチ・膠原病の外来治療を行い、入院治療を要する患者さんが減っていくように努力しています。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 53 3.77 4.64 0.00% 58.25
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 40 9.28 10.30 0.00% 66.88
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 34 6.09 6.59 0.00% 61.18
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 18 10.06 11.57 0.00% 59.89
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 10 3.30 4.56 0.00% 59.60

上位すべて乳癌となっており、癌の患者さんを多く診療しています。当院は「地域がん診療連携拠点病院」であり、積極的に癌治療に取り組んでいます。治療には、標準的医療を安全に提供するため、手術や化学療法のクリニカルパスを活用し、当院のマニュアルに準じて実施しています。

救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 2.15 3.64 22.22% 39.15
160610xx99xxxx 四肢筋腱損傷 手術なし 14 10.29 12.91 42.86% 71.50
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 2.64 9.87 9.09% 44.09
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.52 - -
160450xx99x0xx 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2 なし - - 9.50 - -

退院まで救急科で担当した患者に限定したデータです。実際に救急科として救命・集中治療を行った入院患者数は380人で多発外傷が一番多く、薬物中毒、熱傷が続きます。入院中に整形外科などに転科したものは各診療科に分類 して表記しました。
当科は救命救急センターとして地域のみならず京都府内外の二次・三次救急医療に対応し、あらゆる疾患に対し院内各専門診療科と密な連携を持った救命救急・重症集中治療を行っています。

糖尿病・内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 28 11.68 16.31 0.00% 66.86
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 85歳未満 16 9.38 12.46 6.25% 60.06
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 16 10.56 14.61 0.00% 60.00
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 14 7.21 11.48 0.00% 64.14
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 4.69 6.12 0.00% 63.77

1位から4位は2型糖尿病患者さんに対する教育入院、及び血糖コントロールや合併症評価を兼ねた入院です。当科では、糖尿病教室や教育入院などの患者教育に力を入れるとともに、発症早期から循環器内科、眼科、腎臓内科・腎不全科、脳神経・脳卒中科などと協議し、総合的な診療、治療を行っています。糖尿病の治療目標は、動脈硬化性疾患や網膜症、腎症、神経障害といった合併症の発症進展を抑制することです。そのため、患者さんには病気に対する正しい知識を習得していただき、自己管理できるようになっていただくことが必要であり、入院して治療食を体験されることも重要と考えています。また、限られた期間の中で確実に血糖を下げるため、当科では積極的に短期間強化インスリン療法を行い、血糖改善後、再び内服薬などに戻して退院いただくようにしています。ご高齢の方、認知症のある方でも、十分配慮させていただくことで効果をあげています。5位は副腎疾患の精査のための検査入院です。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 31 6.58 8.78 0.00% 75.74
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 17 9.41 11.97 11.76% 68.76
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 15 2.87 4.28 0.00% 59.27
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし - - 5.11 - -

1位は皮膚がんです。当院は積極的にがん治療に取り組んでいます。がんの種類や患者さんの状態に応じて、切除、センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清、植皮 を含めた皮膚外科手術、抗癌剤治療、放射線治療を行っています。
2位の急性膿皮症は、皮膚の細菌感染症です。軽症の場合は外来で治療しますが、重症の患者さんは入院し、抗生物質の点滴を毎日行います。症状によっては、手術をして膿を出したり、壊死した組織を切除することもあります。
3位は良性の皮膚腫瘍です。手術を行わずに経過を観察することが多い疾患です。手術を行う場合は、外来日帰りで行うことが大半です。大きな手術を行う場合は、入院を必要とすることがあります。
4位はヘルペスウイルスによる感染症です。ほとんどの患者さんは、外来通院で飲み薬を飲むことで治ります。重症の場合は、入院を必要とすることがあります。
5位は皮膚の深い部分にある良性の腫瘍です。手術を行わずに経過を観察することが多い疾患です。手術を行う場合は、腫瘍が皮膚の深い部分にあるため、入院を必要とすることが多いです。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 73 10.75 12.73 0.00% 71.73
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 6.06 9.14 0.00% 53.89
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 9.91 10.09 0.00% 25.82
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし - - 19.92 - -
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり - - 9.15 - -

1位は肺の悪性腫瘍で、原発性肺癌症例が多いです。「地域がん診療連携拠点病院」として治療成績向上を目指しています。手術は9割の症例に胸腔鏡で行っています。当院の胸腔鏡手術は完全鏡視下手術であり、体にやさしく、安全性も高いと考えています。入院から退院までの治療をクリニカルパスを用いて標準化することにより、医療の質を保ち、安全の向上に役だてています。クリニカルパスでは在院日数を10日間に設定し、実際には平均10.8日でした。術前から糖尿病、心疾患、脳血管障害等の病気をお持ちの患者さんが多い割には、予定通り治療ができていると考えます。長期治療成績も問題ありません。
2,3位の気胸については、一回目の発症の場合は手術をしないことが多く、なかなか治癒しない場合に手術を行います。このため、術前の入院期間がやや長くなり、手術症例の在院日数は約10日でした。最近では手術決定から手術まで、できるだけ短期間にするように努力しています。

小児外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 24 3.08 7.65 0.00% 0.21
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 21 2.00 3.29 0.00% 3.29
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 20 2.10 8.57 0.00% 2.20
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 - - 5.60 - -
060160x102xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - 2.89 - -

DPC名称では、1位にその他の消化管の障害が挙がっていますが、短腸症候群で在宅中心静脈栄養を行っていて、カテーテル管理を含めた栄養管理を定期的に短期入院にておこなうなどしているものです。当科では、患児や家族の負担を少しでも軽減するために極力、入院期間を短縮するように配慮しています。鼠径ヘルニア根治術、停留精巣固定術においてもクリニカルパスを駆使して、より安全で安心できる入院管理を目指しています。虫垂炎に対する虫垂切除についても、可能な例では急性期に抗生剤治療を積極的に行って一旦退院できることを目指します。その後、間欠期に虫垂切除を行う(delayed appendectomy)ことで、入院期間の短縮やより安全な入院管理ができるように努めています。

総合内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし - - 10.17 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - - 19.24 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.25 - -
010140xxxxx0xx 筋疾患(その他) 手術・処置等2 なし - - 11.63 - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.33 - -

当科での入院対象となる患者さんは、内科系疾患が疑われるが、当該する科名が不明瞭であるような病態、あるいは、多数の疾患を抱えており、対象科決定が困難な場合、原因の特定できない発熱患者となります。その観点から、1位は電解質異常の症例となっております。また、発熱患者さんの診療を行いますので、2位は、敗血症症例となっております。また、近年の高齢化に伴い、誤嚥性肺炎や血管内脱水症の入院を担当することも増えております。当院は高度急性期病院としての使命を果たすべく、各診療科が高い専門性をもって医療に取り組んでおりますが、その中で、各専門診療科へ振り分けが困難な症例があるのも事実であります。地域に根差した急性期病院として、そういった患者さんに対しても、迅速に必要十分な医療を提供できるようにするのが、当科の使命であると考えています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 5.80 - -
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 - - 7.91 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.28 - -
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 なし - - 7.84 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし - - 3.44 - -

顔面骨折は頬骨骨折、眼窩吹き抜け骨折、上顎骨骨折を主に扱っています。歯科口腔外科、耳鼻咽喉科、眼科とも連携して診断・治療に当たっています。プレートはチタンプレート、吸収性プレートいずれも対応しています。
乳癌術後の乳房再建は、一次再建・二次再建、乳房インプラント・自家組織といずれにも対応しています。メディカルタトゥー(刺青)による乳輪再建も行っています。
その他、形成外科一般の疾患にも広く対応し、場合によっては京都大学形成外科とも連携して診療に当たっております。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり - - 3.36 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし - - 3.44 - -
160250xxxx0xxx 眼損傷 手術・処置等1 なし - - 4.90 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - 7.01 - -

白内障に対する水晶体再建術が大半を占めていますがDPC対象外のため集計されていません。
手術前後の経過はクリニカルパスを用いて説明・管理し、患者さん自身による治療への参加・医療の質の向上に努めています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 191 24 13 64 16 20 1 7
大腸癌 49 28 33 50 42 32 1 7,6
乳癌 70 45 22 15 - 38 1 7
肺癌 89 23 31 85 31 91 1 7
肝癌 26 - 12 16 - 193 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

日本で最も多い5つの癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)のStage(進行状況)ごとの患者数を集計したものです。
当院の特徴としては、胃癌のStageⅠの患者さんが多く、早期での内視鏡および外科治療が行われています。
また肺癌ではStageⅣの患者さんが多いなど、重症な症例にも対応しています。
肝癌については再発するケースが多いため、治療後もしっかり経過観察し、再発を早期に発見し、積極的な追加治療をおこなっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 7.54 54.42
中等症 131 11.19 74.56
重症 22 11.86 83.82
超重症 13 13.77 82.00
不明 - - -

成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて A-DROPスコアを用い重症度を分類、4段階の重症度別に患者数・平均在院日数・平均年齢を集計したものです。
市中肺炎とは普段の生活を送っているなかで罹患した肺炎をいいます。
肺炎は罹患率が高く、また死亡率も高い疾患になります。
当院では、肺炎の患者さんも多く、ガイドラインに準じて適正な抗菌薬を選択し、入院期間の短期化をはかる一方で、重症患者に対しては、人工呼吸器管理を含む全身管理を実施し、救命率の向上に努めています。そのため重症度が高くなるにつれて在院日数も長くなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 298 19.87 73.85 39.38%
その他 27 17.26 75.00 3.38%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 71 4.82 73.79 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

国際疾病分類(ICD10)の脳梗塞病態別の患者さんについて、患者数・平均在院日数・平均年齢・転院率を集計したものです。
当院では2001年6月より、脳神経・脳卒中科と脳神経外科が中心となり、超急性期の脳卒中患者を24時間体制で受け入れ、集中的に最先端の治療を行うために「急性期脳卒中センター」を設立しました。
そのことにより、I63$脳梗塞の発症3日以内の患者さんを多く受け入れています。脳梗塞は、急性期治療がその予後を大きく左右するとされていますが、当センターでは、脳神経・脳卒中科、脳神経外科、救急科のみならず、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーなどの多職種から成るチーム医療を行い、治療成績をさらに向上させるよう日々奮闘しています。
当院は急性期病院のため、脳卒中地域連携パスを使用し、治療後は連携している医療施設に転院にて継続してリハビリテーション等を受けていただいております。
I65$脳梗塞に至らなかったものは、内頚動脈狭窄症などのフォローアップ検査になります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 等 257 0.35 1.25 0.78% 69.51
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 169 0.03 8.14 0.00% 73.53
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 118 1.27 6.39 0.85% 71.59
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 111 2.34 10.55 9.91% 76.05
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 59 0.71 1.27 0.00% 69.58

1位、2位は内視鏡による腫瘍切除であり、消化器センターでは、年間約24,000件の内視鏡および超音波を用いた検査・治療を行っています。
1位および5位の結腸ポリープ切除術に関しては、表記の入院患者さん以外に、外来日帰り手術として施行している患者さんも多く、年間1,200例を超えています。
2位の早期胃癌に対する粘膜下層剥離術は、年々紹介患者数も増加しており、難度の高い病変を含め高い安全性をもって施行しており、当院胃癌治療を牽引しています。
3位の血管塞栓術は肝癌に対する肝動脈血管塞栓術(TAE)になります。 超音波下穿刺局所治療を含め先進的な肝癌内科的治療に取り組んでいます。いずれもクリニカルパスを用いて計画的な治療を行っています。
4位の内視鏡的胆道ステン留置術は、近年増加している胆道結石や胆道腫瘍に伴う閉塞性黄疸に対する安全で有効な治療法です。急性胆管炎の場合は緊急内視鏡治療を積極的に行っています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 120 14.51 7.03 0.00% 34.43
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 104 1.06 4.25 0.00% 47.73
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 86 12.70 7.35 0.00% 33.87
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 86 1.12 4.09 0.00% 40.42
K867 子宮頸部(腟部)切除術 84 1.01 0.99 0.00% 38.58

当院は京都府唯一の総合周産期母子医療センターとして指定を受けており、ハイリスク妊婦に対して必要であれば帝王切開術を行っています。
また子宮筋腫や子宮内膜症、さらには子宮体癌や子宮頸癌の早期症例に対して腹腔鏡を用いた子宮全摘術、卵巣腫瘍に対する腹腔鏡下手術など行っています。現在、京都府下産婦人科において最多の腹腔鏡手術を行っています。
子宮頸部異形成(前癌病変)に対して診断と治療を兼ねた子宮頸部切除術も行っています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 147 2.37 18.94 19.73% 70.44
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 98 0.90 14.74 66.33% 70.84
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 81 2.14 12.14 14.81% 69.36
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 等 68 2.26 13.59 57.35% 66.32
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 50 5.90 18.42 86.00% 78.40

高齢化に伴い関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまうリスクの高い状態にある人々が増加しています。この運動機能が衰えた状態を運動器症候群(ロコモティブシンドローム:ロコモ)と言います。当院でもこれらロコモに関連する疾患である変形性関節症、骨粗しょう性骨折(大腿骨近位部骨折)、脊柱管狭窄症に対する治療件数が上位を占めています。
中でも骨粗しょう性骨折(大腿骨近位部骨折)に対しては、平均術前日数0.90日と、全国平均を大きく下回る日数で手術を施行し,早期にリハビリテーションを開始しております。また、当院では脊柱管狭窄症などの脊椎関連疾患の手術を年間200例あまり行っており、内視鏡や顕微鏡を用いた患者さんの体にやさしい低侵襲手術を心がけております。私たちは皆さんの健康寿命を延ばし、最後まで元気に動き回れる体でいるようにするためのお手伝いをしたいと願っています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 84 1.14 2.19 0.00% 66.65
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 65 1.89 3.91 1.54% 57.71
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 45 4.02 13.18 0.00% 68.53
K672 胆嚢摘出術 32 5.59 12.78 9.38% 69.00
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 25 2.60 12.60 0.00% 69.92

1位は鼠径ヘルニア手術となっています。鼠径部を切開する方法と腹腔鏡のいずれかで行っています。なるべく患者さんの希望に沿うよう術式を決定していますが、最近は腹腔鏡が増加しています。入院は3日~5日間のクリニカルパスを使用しています。
2位は腹腔鏡下胆嚢摘出術です。全身麻酔下に4か所の小さな穴を開けて行います。臍1か所のみの傷で行う場合もあります。
入院は5日間のクリニカルパスを使用しています。
3位は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術で結腸癌の手術となります。5か所の穴をあけて行い3~5cmの皮膚切開から病変部を取り出します。手術の2~3日前に入院し10~14日後に退院するクリニカルパスを用いて管理しています。
4位は開腹の胆嚢摘出術です。お臍の右上あたりを切開して行います。腹腔鏡でできないような場合(開腹歴がある・炎症が強い・悪性の可能性があるなど)この術式になります。
5位は腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術)で胃癌の手術です。結腸癌と同様に5か所の穴をあけて行い4~5cmの皮膚切開から病変部を取り出します。手術の2日前に入院し10~14日後に退院するクリニカルパスを用いています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 563 0.01 0.96 0.00% 74.75
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
K2422 斜視手術(後転法) - - - - -
K274 前房、虹彩内異物除去術 - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -

白内障に対する水晶体再建術が大半を占めています。手術前後の経過はクリニカルパスを用いて説明・管理し、患者さん自身による治療への参加・医療の質の向上に努めています。
水晶体再建術の平均年齢は約75歳となっておりますが、最年少で19歳~90歳台まで幅広い年齢層,また多様な全身疾患の患者さんに対応しております。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 186 1.67 2.40 1.08% 71.31
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 149 2.74 13.52 20.81% 73.50
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 41 1.98 2.98 4.88% 71.00
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 35 0.00 19.37 17.14% 68.74
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 31 5.29 10.90 6.45% 78.48

循環器内科における主要手術件数の最上位は「経皮的冠動脈ステント留置術(その他)」です。平成28年は、不安定狭心症・急性心筋梗塞などの緊急症例を含めた虚血性心疾患に対する総カテーテル治療件数が343件であり、3位の「高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル治療」を高度石灰化病変を有する待機症例の15%に対して行うなど、病変・患者背景に応じた治療を心がけています。また、心臓血管外科と週1回定期的にハートチームカンファレンスを開催し、常に適切な治療方針を選択できるように心がけています。2位は「四肢の血管拡張術・血栓除去術」で、平成28年の血管内治療総数は196件でした。主として糖尿病や透析患者さんの虚血肢を救済する包括的な治療の一環として血管内治療を行っていますが、心臓血管外科と共同(ハイブリッド)での静脈血栓摘出術・急性動脈閉塞治療にも取り組んでいます。5位は「ペースメーカー移植術」となっています。当科で担当する患者さんは全て「新規移植術」であり、ペースメーカー交換術は感染予防の観点から手術室で心臓血管外科にお願いしています。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K319 鼓室形成手術 104 1.07 6.38 0.00% 45.28
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 等 81 1.16 6.23 0.00% 22.83
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 54 1.11 4.96 0.00% 52.70
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 22 1.36 1.27 0.00% 6.860
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 15 1.20 8.27 0.00% 59.93

1位は中耳疾患を中心とした側頭骨全体を対象としており、当科の中耳手術数は年間約200件数施行しており、この症例数は日本においてもトップクラスであり、京都府内外から多くの患者さんが集まってきます。
2位の口蓋扁桃摘出術は習慣性扁桃炎・病巣感染症・いびき(睡眠時無呼吸症候群)に対する手術です。
3位の内視鏡下鼻・副鼻腔根本術は主に副鼻腔炎に対する手術です。
4位の鼓膜チューブ挿入術は滲出性中耳炎や癒着性中耳炎に対する手術です。(症例数は手術室での数で、外来で施行している数は含まれていません)
5位の甲状腺悪性腫瘍手術は甲状腺悪性腫瘍に対する手術です。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 101 1.47 3.57 2.97% 75.21
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 56 1.27 3.59 1.79% 62.98
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 35 0.57 7.31 8.57% 71.46
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 21 1.00 10.38 4.76% 71.19
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 16 1.00 6.69 0.00% 73.38

手術件数としては、筋層非浸潤性膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)が1位になります。
筋層非浸潤性膀胱癌は再発が多いのですが、このうち60件は初発の患者さんです。ほかに腎癌・前立腺癌など悪性腫瘍の手術・治療に力を入れています。腎癌の手術は主に腹腔鏡下で行っています。
尿路結石の手術としては、軟性ファイバー・レーザーなどを用いた経尿道的尿路結石砕石術(TUL)のほか、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、経皮的尿路結石破砕術(PNL)といった全ての手術に対応しています。前立腺肥大症に対しては経尿道的手術を行っており、良性疾患については患者さんの体に負担が少ない内視鏡手術が多くなっています。
また、重症腎盂腎炎・腎後性腎不全など救急疾患も多数治療しており、尿管ステント留置や腎瘻造設術といった緊急手術も積極的に行っています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 39 0.00 1.03 0.00% 64.26
K597-2 ペースメーカー交換術 32 1.16 4.53 6.25% 79.59
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 21 2.10 9.57 4.76% 77.62
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 19 5.26 26.32 15.79% 71.63
K5603ニ 大動脈瘤切除術(上行・弓部同時)(その他) 18 1.44 39.06 55.56% 73.44

月曜日から金曜日まで毎日手術をおこなっており、週に平均2-3例の心臓・胸部大動脈手術、それ以外にも腹部大動脈瘤手術や下肢静脈瘤手術・ペースメーカー手術を行っています。
冠動脈バイパス術は 90% 以上が人工心肺非使用冠動脈バイパス術(OPCAB)で、胸部・腹部大動脈瘤に対するステントグラフトや下肢静脈瘤に対するレーザー焼灼術などの低侵襲手術も積極的に取り入れています。また、急性大動脈解離や大動脈瘤破裂などの緊急手術も多く、他病院からの紹介転院も幅広く受け入れております。

小児外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 76 0.01 1.00 0.00% 3.92
K836 停留精巣固定術 18 0.00 1.00 0.00% 3.00
K6333 臍ヘルニア手術 18 0.00 1.00 0.00% 2.39
K6335 鼠径ヘルニア手術 10 0.00 1.00 0.00% 3.70
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -

小児外科の手術患者数のうちでは、1位が腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術となっています。当院は外科的治療を必要とする小児の診療には、特に力を入れています。鼠径ヘルニア、停留精巣、陰嚢水腫、臍ヘルニアなどいわゆるcommon diseaseに対しては1泊2日入院のクリニカルパスを駆使して、治療・管理の標準化と医療安全の推進に積極的に取り組んでいます。また、当科では新生児外科や先天性消化管奇形の修復術などメジャーの手術も、府下において大学病院に次いで多数の症例を手術治療しています。手術においては低侵襲を目指して、鼠径ヘルニア根治術や虫垂切除術などに対して腹腔鏡下手術の適用を進めています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 1.44 9.75 22.22% 80.00
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 17 3.35 16.47 17.65% 56.29
K1742 水頭症手術(シャント手術) 15 4.40 13.40 40.00% 46.60
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 14 2.43 30.71 50.00% 61.36
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -

当科の主要手術
1.慢性硬膜下血腫 人口の高齢化に伴い、転倒、頭部打撲する方が激増しています。高齢者の頭部打撲は、受傷3週間から3ヶ月後に麻痺が出現する場合があります。その殆どが慢性硬膜下血腫の発症のためです。局所麻酔で血腫を除去すれば、麻痺は速やかに改善する場合が殆どです。ただし、高齢者に多いため、再び転倒、再発される方も多く認められます。
2.脳腫瘍 当科は脳腫瘍に対して、開頭摘出術を積極的に行っています。
3.水頭症 1と同様、人口の高齢化に伴い、正常圧水頭症の患者さんが増えています。歩行障害、失禁、認知症が代表的な症状です。余分な髄液を排出する細い管を皮下に埋め込みます(所要時間30ー60分です)。症状が軽微なほど改善が早いですから、認知症の診断を受けた方は一度は頭部CTを施行し、この水頭症で無いことを確認すべきです。正常圧水頭症は、認知症を呈する疾患群の中でも、改善させることのできる認知症として知られています。
4.脳動脈瘤clipping 当科は動脈瘤に対してclipping術を積極的に行っています。これは根治性が高いためです。特にくも膜下出血を呈する破裂動脈瘤の場合は、脳梗塞の原因となる、くも膜下腔に存在する血腫も除去できるため、第一選択としてclipping を行っています。
5.脳血管内手術 未破裂脳動脈瘤の患者さんの場合は、clippingとcoilingの長所、短所をそれぞれ説明し、患者さんの希望する治療方法を基本的に選択しています。

脳神経・脳卒中科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 50 0.18 28.26 72.00% 78.04
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 25 7.68 16.76 32.00% 74.28
K178-2 経皮的脳血管形成術 12 7.67 18.08 50.00% 72.83
K178-31 経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術(頭蓋内脳血管) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -

超急性期脳梗塞では、素早い再開通治療の開始が重要となります。発症より早期に受診し、なおかつ定められた条件を満たしていれば、再開通治療を受けることができます。再開通治療には血栓溶解薬(tPA)の点滴治療と緊急脳血管内血行再建術(ENER)の2種類があり、当院では両治療の併用も積極的に実施しています。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 42 1.10 8.38 0.00% 70.38
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 19 4.16 4.68 0.00% 33.21
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 14 1.00 6.79 0.00% 73.93
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 13 1.00 8.31 0.00% 74.85
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -

手術数上位は全て胸腔鏡手術です。原発性肺癌の約90%の症例を胸腔鏡で手術し、転移性肺腫瘍、気胸、膿胸、縦隔腫瘍などに対しても多くの患者さんを胸腔鏡で手術しています。
当院の胸腔鏡手術は完全鏡視下手術で、手術創からののぞきこみによる直視は行わず、モニターのみを見て手術を行います。肋骨と肋骨の間を広げないため、より低侵襲と考えます。また、術者、助手等全員が同じ画像を見て手術を行うので安全性が高い方法と考えます。安全性には十分配慮しており、安全が保てない場合や、疾患の根治性が保てないと判断する時は開胸手術を行います。
肺癌の手術術式は、標準術式である肺葉切除が中心ですが、早期の患者さんには区域切除や部分切除を積極的に行っています。

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 44 1.32 7.23 0.00% 66.55
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 35 1.11 4.20 0.00% 61.69
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 15 1.00 8.60 0.00% 59.73
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -

上位すべて乳癌に対しての手術となっており、癌治療に力を入れています。またクリニカルパスを用いて計画的な治療・管理を行っています。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 30 0.03 4.87 0.00% 76.97
K0134 分層植皮術(200cm2以上) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 等 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -

1位の皮膚悪性腫瘍切除術は、皮膚がんの手術です。当院では、切除の他、センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清、植皮 を含めた皮膚外科手術を行っています。外来日帰りで手術を行うことも多いですが、大きな手術(皮膚移植や皮弁形成など)では入院して治療を行います。
2位は非常に広い範囲の皮膚移植手術です。熱傷や悪性腫瘍などで、キズが非常に大きい場合に入院して行います。全身麻酔です。
3、4位は良性の皮膚腫瘍のうち、3cmもしくは6cm以上の、かなり大きい腫瘍の患者さんです。大きい腫瘍の場合は、良性であっても入院して手術を行う方が安全です。
5位は広い範囲の全層皮膚移植手術です。全層皮膚移植手術は、見た目や日常生活に影響の大きい部位で、キズが広い範囲の場合に行います。入院して全身麻酔で行います。

腎臓内科・腎不全科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 50 0.10 1.22 4.00% 70.68
K610-3 内シャント設置術 38 5.21 5.50 0.00% 72.11
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 13 11.92 12.00 15.38% 72.69
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - -
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) - - - - -

慢性腎臓病の方に対して、自己血管、人工血管を用いたバスキュラーアクセス(内シャント)の設置術を2016年度は59件行っています。
シャント血管の狭窄に対して経皮的シャント拡張術も64件行っています。
その他、腹膜透析カテーテル留置術、透析腎癌に対する腎摘出術、二次性副甲状腺機能亢進症に対する副甲状腺全摘出術も行っています。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的) 14 0.00 1.86 0.00% 1.86
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -

手術を行う診療科ではありませんが、当科入院中に対診および、転科にて実施した手術を表記しています。

血液内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 11 11.73 3.91 0.00% 66.45
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -

当院では適応症例には積極的に造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植)を施行しています。悪性リンパ腫や多発性骨髄腫では、治療過程において、自家末梢血幹細胞移植をおこなうことがあるため、自家末梢血幹細胞採取をおこなっています。
リンパ節摘出術のほとんどは外来で実施していますが、ごく一部の摘出術は入院で実施しています。
また悪性リンパ腫の治療中に合併症をきたした場合、少数ながら尿管ステント留置術などの手術を行うことがあります。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
K0221 組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K1002 多指症手術(骨関節、腱の形成を要する) - - - - -

顔面骨折は頬骨骨折、眼窩吹き抜け骨折、上顎骨骨折を主に扱っています。歯科口腔外科、耳鼻咽喉科、眼科とも連携して診断・治療に当たっています。プレートはチタンプレート、吸収性プレートいずれも対応しています。
乳癌術後の乳房再建は、一次再建・二次再建、乳房インプラント・自家組織といずれにも対応しています。メディカルタトゥー(刺青)による乳輪再建も行っています。
その他、形成外科一般の疾患にも広く対応し、場合によっては京都大学形成外科とも連携して診療に当たっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 52 0.35%
180010 敗血症 同一 58 0.39%
異なる 56 0.37%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 155 1.03%
異なる 40 0.27%

入院中の感染症や合併症の発症率を示したもので、これらを減少させていくことを目標として集計したものです。
入院中は免疫力が低下している場合もあり、ウイルスや細菌による感染症や、手術後の予測不可能な合併症を発症することがあります。これらの合併症をなくすことはできないものの、少しでも発症率を抑える取組みが求められています。
当院では「手術・処置等の合併症」の件数が最も多いです。内訳として「透析シャントの閉塞・狭窄・機能低下」の割合が最も高くなっていますが、当院には「透析センター」があり、近隣の医療機関より透析シャントの合併症を発症した患者さんの紹介を受けていますので、結果として症例数および、発生率は高くなっています。
また、他の合併症や、播種性血管内凝固症候群、敗血症の発生率も高い傾向にあるのは、当院が救命救急センターを有し、重篤な救急患者を受け入れているため、合併症を有しているケースが多いからと考えられます。

更新履歴

2017年9月29日 平成28年度病院指標を公表しました。