病院のご紹介

令和元年度 京都第一赤十字 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,684 307 466 656 991 1,291 2,393 4,539 2,729 516

年齢階級別退院患者数は、当院を退院された患者さんの年齢を10歳刻みにして集計したものです。
当院は、地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんを診療しています。中でも「地域がん診療連携拠点病院」として、がん治療を積極的におこなっていることから、がんにかかりやすい60歳以上の患者さんを多く診療しています。
また「総合周産期母子医療センター」として指定されているため、20歳代~40歳代の患者さん、新生児・小児といった10歳未満の患者さんが多いことも特徴といえます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 258 2.7 2.63 0.00% 69.21
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 152 8.24 8.27 0.00% 74.05
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 139 7.67 9.79 2.88% 74.42
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 102 8.61 10.25 0.98% 72.93
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 9.49 8.78 0.00% 69.89

当院は「地域がん診療連携拠点病院」であり、 積極的に内科的な侵襲の少ない癌医療に取り組んでいます。
1位の大腸腫瘍性病変の内視鏡的治療に関しては病変の正確な診断を行うことが重要であり、通常内視鏡と拡大内視鏡を併用して、病変の正確な質的診断を行っています。そのうえで、病変の大きさや患者背景に応じて、適切な内視鏡的治療を選択し施行しています。
2位の早期胃癌に対する内視鏡治療は、2002年以来、累計2450病変以上にわたり高い安全性をもって低侵襲の治療を実現しており、当院胃癌治療を牽引しています。
3位の代表的な疾患は胆道結石、胆嚢炎であり、内視鏡による採石や閉塞性黄疸の治療を行っています。最近では超高齢者に対する治療が増えてきました。夜間緊急でも対応できるシステムを構築しています。
4位の肝臓/胆管癌は再発を繰り返すことが多く、4名の肝臓専門医が長期にわたり計画的に内科的治療を実践しています。
5位の食道癌(咽頭癌含む)では、内視鏡を用いた粘膜下層剥離術の紹介患者数が増加しています。食道癌レーザー治療も導入し、あらゆる食道癌に対して治療可能な診療体制をとっています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 139 5.01 6.19 0.00% 1.55
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 109 4.50 6.17 0.92% 0.03
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 89 3.82 5.39 1.12% 3.99
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 89 5.40 6.64 1.12% 2.57
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 78 4.73 5.73 0.00% 3.18

当院は、「総合周産期母子医療センター」に指定されているため、超低出生体重児、低出生体重児、早産児、病的新生児を多く診療しています。また総合病院の特色を生かし、小児外科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、心臓血管外科、整形外科、泌尿器科、皮膚科、形成外科と連携した集学的な治療を行っています。一般病院ですので、肺炎・気管支炎・喘息といった呼吸器系の疾患、腸炎などの消化器感染症の入院が多いですが、神経・筋疾患、内分泌・代謝疾患、糖尿病、川崎病を含む小児循環器疾患、腎疾患、膠原病・自己免疫性疾患、血友病などの血液疾患、アレルギー疾患、小児消化器肝臓疾患(慢性疾患)など幅広く診療しています。最近は、心身症(拒食症を含む)の入院も増加しています。また毎日小児科医が当直をしていますので、小児救急疾患にも幅広く対応しており、救急外来からの入院も多いのが特徴です。表の患者数上位5位までには入りませんが、希少疾患も数多く診療しています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 321 2.92 3.01 0.93% 72.50
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 192 3.40 4.40 0.52% 71.92
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 144 3.06 3.15 1.39% 71.57
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 101 3.25 5.34 5.94% 76.76
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 86 15.31 17.71 8.14% 81.93

DPC診断群分類のうち上位3位までを狭心症・慢性虚血性心疾患が占めており、1位と3位が心臓カテーテル検査、2位が経皮的冠動脈形成術に関わる入院です。令和元年の検査総件数は718件、カテーテル治療は299件で、循環器内科入院症例数最多の70%を占めています。近年、冠動脈造影で判定した「有意狭窄」が必ずしも「予後に影響を及ぼす心筋虚血」を反映しないことが明らかとなり、3位に分類される、冠動脈造影時に血管内画像検査(血管内超音波、光干渉断層撮影)で血管壁性状を評価したり、冠動脈内圧測定を用いた生理学的狭窄度評価を行うなど、より高度で正確な検査を追加する心臓カテーテル検査の件数が年々増加しています。4位は末梢動脈疾患・重症虚血肢に関わる入院で、令和元年の末梢血管内カテーテル治療総数は266件で増加傾向を示しています。5位は「手術、処置、副傷病名のない心不全」ですが、当院は高次救急指定病院であり、より重篤で併存疾患を有する急性心筋梗塞や心不全が搬送されてくる傾向があるため、必要に応じ他の専門科と協力して包括的な高度医療が提供できるように取り組んでいます。生活習慣の変化や高齢化に伴い動脈硬化疾患が増加傾向である本邦において、今後も地域医療に貢献してゆきたいと考えています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 129 5.99 6.09 0.00% 44.6
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 119 4.29 4.58 0.00% 59.74
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 106 4.27 4.39 0.00% 62.41
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 90 4.98 6.21 0.00% 41.33
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 85 9.32 9.66 0.00% 34.35

1位、2位、4位:当科は産婦人科領域良性悪性ともに低侵襲手術を積極的に行っています。腹腔鏡手術はもちろんロボット支援下手術も2019年より開始しました。その総数は300例以上に上り、京都府下産婦人科において最多数を誇ります。子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍をはじめ、初期の子宮頸癌・体癌に対しても積極的にロボットを含めた低侵襲手術を行っています。
2位、3位、5位:子宮頸・体部悪性腫瘍・卵巣癌に対しては治療ガイドラインに沿って円錐切除術、術前または術後の治療として抗がん剤を用いた化学療法、さらには根治を目指したそれぞれに対する手術療法を行っており、こちらも症例数は京都府下で有数です。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 94 4.46 4.85 1.06% 68.85
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 75 14.56 15.02 1.33% 69.16
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 5.56 7.13 0.00% 64.28
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 10.37 8.89 0.00% 68.33
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 12.70 16.12 0.00% 71.27

1位は鼠径ヘルニア手術となっています。鼠径部を切開する方法と腹腔鏡のいずれかで行っています。なるべく患者様の希望に沿うよう術式を決定していますが、最近は腹腔鏡が増加しています。入院は3日~5日間のクリニカルパスを使用しています。
2位は大腸癌となっています。こちらもクリニカルパスを用いて管理しています。いずれのステージにおいても、腹腔鏡手術を念頭に術式を決定しています。退院後は可能な限り地域連携手帳を用いてかかりつけ医との連携を図るようにしています。
3位は胆嚢炎、胆嚢結石症などに対する腹腔鏡下胆嚢摘出術となります。当院では胆のう炎合併例など癒着高度な症例も多く、そのような症例に対しては安全を考慮し開腹で手術を行うこともあります。
4位は腸閉塞となっています。癒着性腸閉塞の場合は保存的に軽快する場合が多いですが、長期間改善傾向のない場合は腸閉塞解除手術を行っています。癒着が軽度の場合は、腹腔鏡手術でも行っています。
5位は胃癌となっています。早期癌から進行癌まで、低侵襲手術として腹腔鏡下胃切除、ロボット支援胃切除を積極的に行っています。高齢者、ハイリスク患者にも低侵襲手術を用いて安全に行っています。術前・術後をクリニカルパスで管理しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 112 21.36 25.94 83.04% 79.72
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 78 12.86 16.54 8.97% 69.14
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 78 21.36 23.56 15.38% 75.62
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 71 16.52 21.53 30.99% 68.83
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 41 21.15 20.93 14.63% 70.39

1位は大腿骨近位部骨折となっています。本骨折のほとんどは、高齢化により骨がもろくなったために起こる骨粗しょう症性骨折です。歩く力の衰えた患者さんが多く、術後もしっかりとしたリハビリを行う必要があります。早期に手術を施行し、早期にリハビリテーションを開始し、術後の状態が安定した段階で、地域の回復期リハビリ医療施設へ転院いただき、自宅へ安心して退院出来るまで切れ目のないサポートを行っています。2位、5位は脊椎疾患で腰部脊柱管狭窄症の手術症例の占める割合が多くなっています。その他当院では頚部(首)から腰部(こし)にいたるあらゆる脊椎の疾患に対応が可能です。手術治療は顕微鏡を用いた筋肉温存の低侵襲手術(MILD)、経皮的内視鏡を用いたヘルニア摘出術(FED/PED)や低侵襲脊椎固定術(XLIF、OLIF、MISt)などの最新の術式を行っています。そのため治療に必要な入院期間(在院日数)は全国レベルより短く、より早期の社会生活復帰が可能になっています。3位と4位の疾患は、高齢者に多い関節の病気です。これらの関節の疾患により歩く力が衰えると、将来要介護となる危険性が高まります。われわれは皆さんが最後まで元気で動き回れる体を維持できるよう、これらの疾患の治療に日々取り組んでいます。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 170 2.90 3.34 1.76% 72.02
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 93 13.80 18.84 13.98% 73.83
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 83 8.17 9.59 2.41% 71.61
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 69 17.14 20.84 43.48% 83.39
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 31 14.10 14.62 32.26% 75.23

当院は「地域がん診療連携拠点病院」であり、積極的に癌の診断・治療に取り組んでいます。そのため診療疾患の第1位、3位、5位は肺の悪性腫瘍(主に肺がん)となっており、呼吸器外科や放射線診断・治療科、病理診断・検査科との連携により、より高度な検査・治療を,短期間の入院でできるよう考えています。第2位の間質性肺炎は比較的珍しい病気ですが、がんと同様に各科との連携により総合的な検討を行い、各分野のガイドラインを参考にして、最善と思われる方法で検査・治療を行っています。
第4位の誤嚥性肺炎は平均年齢からもわかるように、主に高齢者の疾患ですが、他施設から重症例の受け入れ、救命救急センターからの呼吸不全や多臓器合併症例が多く、救命できても誤嚥自体の改善がなく、経口摂取ができないなどの理由で自宅退院が困難のため転院率が高くなっています。治癒率の高い一般的な市中肺炎は別に集計されていますので、その場合の転院はほとんどありません。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 97 6.76 7.85 0.00% 43.14
030428xxxxxxxx 突発性難聴 77 8.03 8.93 0.00% 57.53
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 59 7.73 7.80 0.00% 24.93
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 47 5.55 5.45 0.00% 39.98
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 42 8.02 9.13 0.00% 57.88

当科の年間手術数は約700件です。耳鼻咽喉科・頭頸部外科の全領域をカバーしています。中耳では鼓室形成術やアブミ骨手術、顔面神経減荷術を中心に年間約150件程度の手術を施行しています。日帰り手術から入院手術まで患者さんの要望にも応じています。内視鏡下耳科手術が導入され術後疼痛が軽減し、さらに入院期間が短縮しています。鼻や副鼻腔の病気では標準的に内視鏡を用いて安全に、かつ低侵襲な手術を心がけています。最新のナビゲーションシステムが導入されたのでますます精密で安全な手術治療が可能になっています。扁桃炎や睡眠時無呼吸症では口蓋扁桃摘出術や口蓋垂軟口蓋咽頭形成術を積極的に行って日常生活のQOL改善に役立っています。声帯ポリープなど喉頭の病気では顕微鏡を用いて微細な手技を行い音声の質の改善に寄与しています。当科は日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医制度指定研修施設に認定されています。年間100名以上のがん新患患者さんが受診しています。粘膜内がんでは消化器内科とも合同で内視鏡的粘膜下層剥離手術を用いてがん病巣摘出を行います。頭頸部がん手術では確実な摘出を行うために術中迅速病理検査で摘出範囲を過不足なく決定し、摘出後の状態によっては形成外科とともに形態や機能の温存を目指して再建術を行っています。また切徐不能な進行がんやがんの転移では放射線科や腫瘍内科、緩和ケア科とも連携し適切な抗癌剤の組み合わせや分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を含めて生存期間の延長を目的とした新しい治療に取り組んでいます。嚥下外来ではリハビリテーション科とともに嚥下機能評価やリハビリテーションを行い、嚥下改善手術や誤嚥防止手術によって誤嚥を防ぎ安全に経口摂取できるようにサポートしています。当院は高度救命救急センターを有していますので耳鼻咽喉科もオンコール体制により緊急疾患に対応しています。扁桃周囲膿瘍や急性喉頭蓋炎では原則入院し点滴治療を行います。また深頸部感染症など重篤な場合には緊急手術を行っています。突発性難聴や顔面神経麻痺、めまい、外リンパ瘻などの急性期疾患に対しても迅速に治療を開始できるように心がけています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 97 2.10 2.49 1.03% 71.80
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 84 5.29 7.07 0.00% 74.42
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 61 5.18 5.61 1.64% 65.43
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 60 9.72 12.58 11.67% 77.23
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病 なし 37 11.76 14.40 21.62% 74.14

前立腺がんの疑い(前立腺針生検)、膀胱癌(経尿道的膀胱悪性腫瘍手術)、腎結石・尿管結石(経尿道的尿結石除去術)、尿路感染症(ドレナージ不要・要)の順番でした。例年上位を占める病気です。悪性腫瘍、結石などの手術療法、尿路感染症は、当科としても力を入れている領域です。
悪性腫瘍については 2019年からダビンチが導入され、特に前立腺癌・腎癌の手術療法はロボット支援下手術を積極的に行っています。
腎結石・尿管結石などの良性疾患に対しても必要に応じて侵襲の少ない内視鏡での手術(経尿道的手術)を行っています。
また、尿路感染症の初期対応として、特に尿路の閉塞を伴う重症例を中心に診療をしており、必要な症例では迅速に尿路ステント留置や腎瘻造設などの手術を行っております。こうしたことが、今回の結果につながっているものと考えています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 571 1.96 2.78 0.00% 74.98
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.66 - -
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり - - 3.17 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.27 - -
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 - - 5.09 - -

白内障に対する水晶体再建術が大半を占めています。通常は1泊2日入院(手術当日午前に入院,午後に手術,翌朝診察後に退院)ですが、患者さんからの希望があり主治医が可能と判断した場合は日帰り(手術当日午前に入院,午後手術,2時間程度病室で安静後に退院)も可能です。手術前後の経過はクリニカルパスを用いて説明・管理し、患者さん自身による治療への参加・医療の質の向上に努めています。

血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 172 17.66 15.79 5.23% 75.02
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 59 25.12 31.30 15.25% 73.86
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 45 33.22 39.36 2.22% 66.36
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 34 17.12 20.30 2.94% 71.62
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり 21 10.52 10.43 0.00% 74.10

上位すべてがリンパ組織または造血組織のがんとなっており、多くの血液がん患者さんを診療しています。当院は「地域がん診療連携拠点病院」であり、積極的にがん治療に取り組んでいます。
主な疾患として、びまん性大細胞型リンパ腫、濾胞性リンパ腫、急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群などがあげられます。

脳神経・脳卒中科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 65 12.82 16.13 27.69% 71.82
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 51 3.24 3.14 1.96% 74.78
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 8.00 7.10 5.56% 57.75
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 15 19.33 15.90 13.33% 48.40
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 14 9.64 6.22 7.14% 69.36

急性期脳梗塞、神経感染症、てんかん重積などの神経救急疾患を対象とした24/7のチーム診療を実践しています。なかでも脳梗塞患者の診療には脳卒中センターの一員として注力しており、ホットラインによる病院前・院内の医療連携、カテーテルによる再開通治療(最新型血管造影装置Philips Azurion 7)、循環器内科の協力下での経食道心臓超音波や植込み型心電モニタ(Reveal LINQTM)による原因検索、ロボット(Welwalk-1000)導入による急性期リハビリテーションなど高度な医療を提供しております。同時に、地域の神経内科医療の中核病院として、頭痛やめまい、しびれ、てんかん、認知症、パーキンソニズムなどの診療にも日々従事しています。

腎臓内科・腎不全科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 83 8.90 11.67 3.61% 68.04
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 30 19.37 20.93 6.67% 66.60
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 28 7.14 7.00 0.00% 60.14
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 4.71 8.48 0.00% 67.14
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 17.25 17.71 10.00% 77.45

糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎臓病や急性腎障害などすべての腎臓病に加え、高血圧、心不全の循環器疾患、電解質異常や二次性高血圧など内分泌疾患にも対応しています。
維持透析患者さんの合併症に対して関係各科と連携して診療にあたっています。2019年度は腎生検73例、慢性腎臓病教育入院43例、血液透析導入53例で、年々紹介患者数は増えています。
また、データには表れませんが、ICUにおける急性血液浄化療法も積極的に行っています(持続血液(濾過)透析68例、長時間低効率血液(濾過)透析61例、エンドトキン吸着5例、その他血漿交換、LDL吸着療法など)。

リウマチ内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 75 12.09 15.48 8.00% 68.12
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし 52 11.40 16.09 9.62% 74.17
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 20 17.00 18.84 0.00% 64.10
070560xx99x6xx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 6あり 10 22.20 25.15 0.00% 52.10
070560xx97x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 26.18 - -

リウマチ内科の入院では全身性臓器障害を伴う自己免疫疾患、いわゆる膠原病およびその類縁疾患が圧倒的に多くみられます。大半の方が原因不明の発熱や皮疹・痛みなどで受診され、入院後の検査で診断・治療にたどり着くことになります。比較的まれで複雑な病態が多いため、専門科でなければ対応の難しい患者さんです。治療についても、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤を使用する患者さんが多いため、感染症・間質性肺炎などの合併症が入院加療を要すること(表中3位、4位、5位)もあり、入院期間が長めになっています。2位の関節リウマチは外来で診断・治療できるケースが多いのですが、関節痛などの症状が重かったり、日常生活が困難である場合や感染症などのリスクが高い患者さんでは、入院していただいて効率よく検査を行い、すみやかに治療を行っています。最近では外来加療中に転倒・骨折などがあり入院後手術になる患者さんもやや増加している印象です。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 5.47 7.34 10.00% 69.47
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 26 2.04 3.01 0.00% 61.96
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 14.36 18.81 68.00% 72.24
160100xx97x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 22 11.55 23.22 36.36% 80.82
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 16.53 20.96 84.21% 71.95

当科入院患者の代表的疾患
1.未破裂脳動脈瘤・・・当科の場合、未破裂脳動脈瘤を疑われた方は、1泊2日で血管撮影を行い、精査することにしております。検査自体は1時間程度ですが、その後4時間程度の安静の必要性から、一晩入院して頂いております。
2.軽症頭蓋内損傷・・・頭部打撲し、頭痛、嘔気などがある場合は、様子観察入院とさせていただいております。
3.中等症頭蓋内損傷・・・人口の高齢化に伴い、転倒による頭部打撲の患者さんが増えています。開頭血腫除去するほど重症ではありませんが、高齢であることより認知機能の低下を招来し、核家族化と相まって、それまでの生活を継続することができず、療養型病院に転院し、入院継続する場合も多く認められます。
4.軽症脳出血・・・手術を要しない軽症脳出血。血腫の拡大を降圧を主体に防止し、合併する麻痺に対して、早期からリハビリを開始します。
5.慢性硬膜下血腫・・・上記1の方のように軽症頭蓋内損傷の方が、3週間後から3ヶ月後に麻痺症状が出現してくる場合があります。慢性硬膜下血腫の発症です。局所麻酔で血腫除去を行います(30分程度です)。血腫を除去すれば、麻痺などは速やかに改善する場合が殆どです。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 48 2.00 2.78 0.00% 68.79
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 6.04 10.80 0.00% 82.08
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 23 29.00 23.77 8.70% 73.13
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 21 10.90 11.75 4.76% 78.57
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 17.74 17.34 15.79% 75.53

入院患者さんの多くは手術を受けられる患者さんです。月曜から金曜日まで毎日手術をおこなっており、年間120-150例の心臓・胸部大動脈手術と60-80例の腹部大動脈・末梢動脈手術、その他に下肢静脈瘤手術やペースメーカー手術を行っています。単独コードでは1位は下肢静脈瘤となっており、レーザー焼灼術を第一選択としていますがレーザー焼灼術も静脈抜去切除術も入院当日手術で翌日退院としています。2位はペースメーカー埋め込み・交換になり、交換目的での開業医さんからの紹介も多くなっています。3位は心臓弁膜症となっており、循環器内科や連携病院・開業医さんと密に連携を保ちながら診療を行っています。特に最近は手術を受けられる方がどんどん高齢化していますが早期リハビリによりできるだけ自宅退院をして頂くように努力しています。遠方の病院からの紹介も多く、その場合は退院前に紹介元の病院への転院を経て自宅退院を行うこともあります。また症例によっては胸骨を切らない右胸部小切開での低侵襲手術も行っています。
4位は大動脈瘤で、開胸・開腹手術と低侵襲のステントグラフト内挿術を症例によって使い分けていますが、後者の比率が年々高くなっている傾向にあります。5位は急性大動脈解離で、緊急手術を要する Stanford A型だけでなく、保存的治療を主体とする Stanford B型での他院からの転送も多数受け入れています。

救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 2.64 3.52 0.00% 33.18
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 6.87 7.34 6.67% 40.67
160990xx97x0xx 多部位外傷 手術あり 手術・処置等2 なし 11 13.45 17.20 9.09% 51.64
160610xx99xxxx 四肢筋腱損傷 手術なし 11 7.55 13.25 27.27% 69.27
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.67 - -

救急科は救命救急センターに搬入された患者のうち、主に多発外傷、熱傷、敗血症性ショック、薬物中毒、熱中症、低体温症、蘇生後脳症の入院診療を担当しています。
各専門診療科で手術を行った患者については各専門診療科の項に掲載されています。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 59 10.31 10.34 0.00% 64.80
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 49 3.84 4.25 0.00% 60.47
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 29 5.62 6.10 0.00% 62.07
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 8あり 16 3.31 4.87 0.00% 60.19
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり - - 4.27 - -

上位すべて乳癌に対する治療(手術および化学療法)となっており、乳癌患者さんを多く診療しています。当院は「地域がん診療連携拠点病院」であり、積極的に癌治療に取り組んでいます。治療には、標準的医療を安全に提供するため、手術や化学療法のクリニカルパスを活用し、当院のマニュアルに準じて実施しています。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 101 9.96 11.51 0.99% 69.97
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 7.27 9.11 6.67% 40.33
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 9.45 10.18 0.00% 27.27
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり - - 8.34 - -
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 31.04 - -

1位は肺の悪性腫瘍で、原発性肺癌症例が多いです。「地域がん診療連携拠点病院」として治療成績向上を目指しています。手術は9割の症例に胸腔鏡で行っています。当院の胸腔鏡手術は完全鏡視下手術であり、体にやさしく、安全性も高いと考えています。
ロボット支援手術も行っており、疼痛が軽度な印象です。入院から退院までの治療をクリニカルパスを用いて標準化することにより、医療の質を保ち、安全の向上に役だてています。クリニカルパスの設定どおり、入院期間は平均10日です。当院は術前から糖尿病、心疾患、脳血管障害等の病気をお持ちの症例が多く、周術期にそれらの疾患をコントロールする必要もあり入院期間が長くなりがちですが、各専門科の協力を得て術後経過が良好となり、長期入院を回避できていると考えています。がんの長期治療成績も問題ありません。
2、3位の気胸については、一回目の発症の場合は手術をしないことが多く、なかなか治癒しない場合に手術を行います。このため、術前の入院期間がやや長くなり、手術症例の在院日数は約10日でした。手術決定から手術まで、できるだけ短期間にするように努力しており、短縮傾向にあります。

糖尿病・内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 27 10.59 15.20 3.70% 63.93
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 17 4.29 6.24 0.00% 60.06
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 14 9.36 9.96 7.14% 66.29
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 12 12.58 14.74 8.33% 67.08
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 10 10.80 13.72 0.00% 59.80

1、4、5位は2型糖尿病患者さんに対する教育と、血糖コントロールや合併症評価を兼ねた入院です。糖尿病の治療目標は、動脈硬化性疾患や網膜症、腎症、末梢神経障害といった合併症の発症進展を抑制することです。そのため当科では、糖尿病教室や教育入院など患者教育に力を入れるとともに、発症早期から循環器内科、眼科、腎臓内科・腎不全科、脳神経・脳卒中科などと協議し、総合的な診療、治療を行っています。入院中、糖毒性といわれる高血糖による悪循環を断ち切るために、積極的にインスリン治療を行っていますが、これは退院時に再び経口血糖降下薬が効く状態に戻すことが目的です。
2番目に多いのは二次性高血圧症の原因として最多の原発性アルドステロン症に対する検査入院です。3位にはナトリウムやカリウム、カルシウムといった電解質の異常による入院があげられます。

小児外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 65 2.02 2.81 0.00% 3.35
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 23 2.04 7.38 0.00% 3.39
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 21 2.00 3.13 0.00% 2.19
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 11 2.00 8.05 0.00% 3.55
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 - - 5.45 - -

小児外科の診断群分類別では、最も多く手術治療を行っている鼠径ヘルニアが第一位になっています。当院は外科的治療を必要とする小児の診療に、特に力を入れています。第二位に「その他の消化管の障害」があがっていますが、これは短腸症候群の乳児で在宅中心静脈栄養を行っています。カテーテル管理を含めた栄養管理を確実に行うため、定期的に短期入院(繰り返し入院が必要です)をしています。当科では、患児や家族の負担を少しでも軽減するために、できる限り入院期間を短縮するように配慮しています。鼠径ヘルニア根治術、停留精巣固定術、臍ヘルニア根治術においてもクリニカルパスを駆使して、より安全で安心できる入院管理を目指しています。虫垂炎に対する虫垂切除についても、可能な例では急性期に抗生剤治療を積極的に行って、一旦退院できることを目指します。その後、間欠期に虫垂切除を行う(delayed appendectomy)ことで、入院期間を短縮し、より安全な入院管理ができるように努めています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 28 8.04 12.55 3.57% 60.86
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 25 4.04 7.90 4.00% 74.40
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 13 6.92 9.00 0.00% 68.46
080090xxxxxxxx 紅斑症 11 7.82 10.05 0.00% 63.00
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 10 3.30 4.01 0.00% 56.60

1位の膿皮症は皮膚の細菌感染症です。軽症の場合は外来で治療しますが、重症の患者さんは入院し抗生物質の点滴を毎日行います。症状によっては手術を行い、膿を出したり壊死した組織を切除することもあります。
2位はいわゆる「皮膚がん」です。当院は積極的にがん治療に取り組んでいます。がんの種類や患者さんの状態に応じて、切除、センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清、植皮 を含めた皮膚外科手術、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬を含めたがん薬物治療、放射線治療を行っています。
3位はヘルペスウイルスによる感染症です。ほとんどの患者さんは、飲み薬を飲んで外来通院で治療します。重症の場合は、入院を必要とすることがあります。
4位は免疫の異常により全身の皮膚が赤くなる病気です。発熱や関節痛などの全身症状を伴うこともあります。ステロイドの飲み薬や点滴療法などで治療します。
5位は良性の皮膚腫瘍です。手術を行う場合は外来日帰りで行うことが大半ですが、大きな手術を行う場合は入院を必要とすることがあります。

総合内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.58 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 20.84 - -
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 15.48 - -
160610xx99xxxx 四肢筋腱損傷 手術なし - - 13.25 - -
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし - - 11.88 - -

当科での入院対象となる患者様は、内科系疾患が疑われるが、当該する科名が不明瞭であるような病態、あるいは、多数の疾患を抱えており、対象科決定が困難な場合、原因の特定できない発熱患者となります。その観点から、第一位と第二位は、尿路感染症および誤嚥性肺炎といった感染症症例となっております。近年の高齢化に伴い、誤嚥性肺炎や尿路感染症の入院を担当することが増えております。第三位は自己免疫疾患の症例、第四位は四肢筋腱損傷、第五位は痛風、関節の障害となっております。当初診断に苦慮する自己免疫疾患を受けいており、また、緊急性は乏しく、手術適応のないような筋骨格系の疾患も受け入れていることを示しております。当院は高度急性期病院としての使命を果たすべく、各診療科が高い専門性をもって医療に取り組んでおりますが、その中で、各専門診療科へ振り分けが困難な症例があるのも事実であります。地域に根差した急性期病院として、そういった患者様に対しても、迅速に必要十分な医療を提供できるようにするのが、当科の使命であると考えています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 - - 8.03 - -
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1 なし - - 5.81 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 5.26 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.01 - -
070570xx011xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等11 あり - - 14.51 - -

乳癌術後の乳房再建は、一次再建・二次再建とも対応しています。ただし、現在保険診療では自家組織再建のみでの対応となっています。メディカルタトゥー(刺青)による乳輪再建も行っています。
外傷や手術の傷跡である肥厚性瘢痕や、ケロイドに対しても、保存的治療から電子線照射を併用した手術療法まで行っています。
その他、形成外科一般の疾患にも広く対応し、場合によっては京都大学形成外科とも連携して診療に当たっております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 156 15 19 53 17 44 1 8,7
大腸癌 66 41 77 59 29 69 1 8,7
乳癌 57 72 12 10 - 24 1 8,7
肺癌 77 22 77 102 29 67 1 8,7
肝癌 21 18 - - 10 163 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

日本において最も多い5つの癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の各Stage(進行状況)で患者数を集計しています。
当院の特徴としては、
胃癌はStageⅠの患者さんが多く、早期の内視鏡および外科治療をおこなっています。
大腸癌はStageⅠ~Ⅳまであらゆる進行度の患者さんに対する治療をおこなっています。
乳癌はStageⅠ、Ⅱの患者さんが多く、外科的治療をおこなっていますが、あらゆる進行度の患者さんに対する治療もおこなっています。
肺癌はStageⅠの患者さんが多いですが、StageⅣの患者さんも多く、こちらも早期から重症な症例まで対応しています。
肝癌については再発することが多いため、治療後もしっかり経過観察し、再発を早期に発見し、積極的な追加治療を行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 29 9.93 58.97
中等症 123 12.43 75.89
重症 43 15.58 80.91
超重症 13 14.15 85.08
不明 - - -

成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて A-DROPスコアを用い重症度を分類、4段階の重症度別に患者数・平均在院日数・平均年齢を集計したものです。市中肺炎とは普段の生活を送っているなかで罹患した肺炎をいいます。
肺炎は罹患率が高く、また死亡率も高い疾患になります。
当院では、肺炎の患者さんも多く、ガイドラインに準じて適正な抗菌薬を選択し、入院期間の短期化をはかる一方で、重症患者に対しては、人工呼吸器管理を含む全身管理を実施し、救命率の向上に努めています。そのため重症度が高くなるにつれて在院日数も長くなっています。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 258 20.53 76.15 45.07%
その他 26 22.35 73.46 4.93%

脳梗塞発症日別の患者さんについて、患者数・平均在院日数・平均年齢・転院率を集計したものです。
当院では2001年6月より、脳神経・脳卒中科と脳神経外科が中心となり、超急性期の脳卒中患者を24時間体制で受け入れ、集中的に最先端の治療を行うために「急性期脳卒中センター」を設立しました。
そのことにより、脳梗塞の発症3日以内の患者さんを多く受け入れています。脳梗塞は、急性期治療がその予後を大きく左右するとされていますが、当センターでは、脳神経・脳卒中科、脳神経外科、救急科のみならず、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーなどの多職種から成るチーム医療を行い、治療成績をさらに向上させるよう日々奮闘しています。
当院は急性期病院のため、脳卒中地域連携パスを使用し、治療後は連携している医療施設に転院にて継続してリハビリテーション等を受けていただいております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 250 0.34 1.08 0.00% 69.90
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 151 0.17 7.07 0.00% 74.09
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 118 1.08 6.84 1.69% 72.95
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 110 1.86 9.62 10.00% 76.98
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 81 0.41 2.16 0.00% 69.3

消化器センターでは、最新かつ最良の医療を安全に提供することをモットーに、年間約25,000件の内視鏡および超音波を用いた検査・治療を行っています
1位および5位の結腸ポリープ切除術に関しては、表記の入院患者さん以外に、外来日帰り手術として施行している患者さんも多く、年間1,300例を超えています。
2位の早期胃癌に対する内視鏡治療は、2002年以来、累計2500病変以上にわたり高い安全性をもって低侵襲の治療を実現しており、当院胃癌治療を牽引しています。
3位の血管塞栓術は、肝臓癌に対する肝動脈血管塞栓術(TAE)になります。 消化器内科医自らが施行しており、ラジオ波焼灼術との併用、分子標的薬治療とのシークエンス療法など、集学的治療を行っています。
4位の内視鏡的胆道ステン留置術は、近年増加している胆道結石や胆道・膵腫瘍に伴う閉塞性黄疸に対する安全で有効な治療法です。急性胆管炎の場合は緊急内視鏡治療を積極的に行っています。
いずれもクリニカルパスを用いて計画的で最新かつ安全な治療を行っています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 177 1.42 17.84 25.99% 72.49
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 105 1.53 11.36 14.29% 68.62
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 67 1.37 16.87 61.19% 76.85
K0732 関節内骨折観血的手術(足) 等 51 3.31 11.75 27.45% 59.69
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 40 5.85 16.73 92.50% 80.63

高齢化に伴い関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまったり、そのリスクの高い状態にある人々が増加しています。この運動機能が衰えた状態を運動器症候群(ロコモティブシンドローム:ロコモ)と言います。当院でもこれらロコモに関連する疾患である変形性関節症、骨粗しょう性骨折(大腿骨近位部骨折)、脊柱管狭窄症に対する治療件数が上位を占めています。
中でも骨粗しょう性骨折(大腿骨近位部骨折)に対しては、平均術前日数1.37日と、全国平均を大きく下回る日数で手術を施行し、早期にリハビリテーションを開始しております。また、脊柱管狭窄症などの脊椎関連疾患の手術を当院では年間260例以上行っています。内視鏡や顕微鏡を用いた患者さんの体にやさしい低侵襲手術を出来るだけ行うように心がけており、背骨をボルトなどで固定する術式は適応を厳密に絞っています。私たちは皆様の健康寿命を延ばし、最後まで元気に動き回れる体でいるようにするためのお手伝いをしたいと願っています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 等 114 1.02 4.11 0.00% 47.79
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 111 7.50 6.83 0.00% 33.94
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 107 0.94 3.08 0.00% 41.62
K867 子宮頸部(腟部)切除術 75 1.00 1.05 0.00% 39.71
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 74 10.61 7.51 0.00% 33.54

当院産婦人科は年間300例以上の腹腔鏡手術を行っており、京都府下最多数を誇ります。
その内訳は子宮筋腫などに対する子宮全摘術、ついで卵巣嚢腫に対する卵巣腫瘍摘出術が多くを占めます。子宮体癌や子宮頸癌の早期症例に対しても腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術を行っています。
また当院は京都府総合周産期母子医療センターの指定を受け、府下におけるハイリスク妊婦の多くを管理し、かつ各診療所からの連携におけるコ-ディネ-ト業務を受け持っています。出来うる限り経腟分娩を選択していますが、必要であれば緊急を含めた帝王切開術を行います。
子宮頸部異形成(前癌病変)に対して診断と治療を兼ねたレーザー蒸散術を含めて子宮頸部切除術を行っています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 88 1.08 3.55 0.00% 63.85
K6335 鼠径ヘルニア手術 76 1.41 2.43 1.32% 70.05
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 74 3.66 11.38 1.35% 69.65
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 26 3.23 16.46 0.00% 69.58
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) 25 1.72 13.56 0.00% 65.64

1位は腹腔鏡下胆嚢摘出術です。全身麻酔下に4か所の小さな穴を開けて行います。臍部1か所のみの傷で行う単孔式手術の可能であります。入院は4-5日間のクリニカルパスを使用しています。
2位は鼠径ヘルニア手術となっています。鼠径部を切開する方法と腹腔鏡のいずれかで行っています。なるべく患者様の希望に沿うよう術式を決定していますが、最近は腹腔鏡が増加しています。入院は3日~5日間のクリニカルパスを使用しています。
3位は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術で結腸癌の手術となります。5か所の穴をあけて行い3~5cmの皮膚切開から病変部を取り出します。手術の2~3日前に入院し10~14日後に退院するクリニカルパスを用いて管理しています。
4位は腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術)で直腸の手術です。結腸癌と同様に5か所の穴をあけて行い3~5cmの皮膚切開から病変部を取り出します。手術の2~3日前に入院し10~14日後に退院するクリニカルパスを用いて管理しています。
5位は人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う)であります。結腸癌や直腸癌の一時的人工肛門を閉鎖する手術であります。術後1週間程度で退院が可能となっています。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 185 2.27 10.02 9.73% 76.53
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 118 1.55 1.69 4.24% 71.81
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 68 2.12 2.63 0.00% 70.43
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 50 2.36 3.40 4.00% 74.78
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 36 4.44 7.81 0.00% 80.86

循環器内科における主要手術件数の最上位は「四肢の血管拡張術・血栓除去術」で、令和元年の総末梢血管内カテーテル治療件数は266件でした。主として糖尿病や透析患者さんの虚血肢切断を回避する包括的な治療の一環として血管内治療を行っていますが、心臓血管外科と共同で静脈血栓摘出術・急性動脈閉塞治療にも取り組んでいます。2位は「経皮的冠動脈ステント留置術(その他)」で、高度石灰化病変に対する4位の「高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル治療」と薬剤コーティングバルーンによる拡張を組み合わせるなど、ステントを使用しない経皮的冠動脈形成術も増えてきています。不安定狭心症・急性心筋梗塞などの緊急症例を含めた、令和元年の虚血性心疾患に対する総カテーテル治療件数は299件でした。3位は特定の不整脈の根治を目標とした「経皮的カテーテル心筋焼灼術」でした。当院では平成30年より開始したばかりであり、今後症例数が増加するものと予想しています。5位は「ペースメーカー移植術」となっています。当科で担当する患者さんは全て「新規移植術」であり、ペースメーカー交換術は感染予防の観点から手術室で心臓血管外科にお願いしています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 564 0.00 0.97 0.00% 75.05
K279 硝子体切除術 - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない) - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -

白内障に対する水晶体再建術が大半を占めています。通常は1泊2日入院(手術当日午前に入院,午後に手術,翌朝診察後に退院)ですが、患者さんからの希望があり主治医が可能と判断した場合は日帰り(手術当日午前に入院,午後手術,2時間程度病室で安静後に退院)も可能です。手術前後の経過はクリニカルパスを用いて説明・管理し、患者さん自身による治療への参加・医療の質の向上に努めています。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 57 1.00 5.93 0.00% 25.40
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 55 1.16 5.31 0.00% 42.85
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 53 1.08 4.09 0.00% 42.45
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 32 1.13 4.75 0.00% 60.03
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 等 23 1.13 1.30 0.00% 12.43

中耳手術の入院日数は年々短縮する傾向にあります。最近では経外耳道的内視鏡下耳科手術の症例も増加しており、術後の痛みも軽減しています。鼻や副鼻腔の病気では標準的に内視鏡を用いて安全に、低侵襲な手術を心がけています。最新のナビゲーションシステムが導入されたのでますます精密で安全な手術治療が可能になっています。扁桃炎や睡眠時無呼吸症では口蓋扁桃摘出術や口蓋垂軟口蓋咽頭形成術を積極的に行って日常生活の質改善に役立っています。術後鎮痛は麻酔科医師とも連携しPCAを採用しています。頭頸部粘膜内がんでは消化器内科とも合同で内視鏡的粘膜下層剥離手術を用いてがん病巣摘出を行います。頭頸部がん手術では確実な摘出を行うために術中迅速病理検査で摘出範囲を過不足なく決定し、摘出後の状態によっては形成外科とともに形態や機能の温存を目指して再建術を行っています。全身合併症を有する患者さんや高齢の患者さんにも安心・安全な入院治療が提供できるように、麻酔科医師や各科医師とも協力しています。周術期や術後の看護については常に患者さんの情報を共有し安楽な入院生活ができるように医師・看護師が協調しています。患者さんの治療を第一に考えて病院職員一同が協力することが安全で高度な医療には必須であると考えています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 86 1.31 3.58 1.16% 75.01
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 61 1.57 3.16 3.28% 65.90
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 58 0.88 7.33 12.07% 72.66
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 26 2.04 5.54 3.85% 74.31
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 24 1.17 10.25 4.17% 73.88

上位 5位までの手術は昨年と同様になりました。
膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)は、膀胱癌に対して尿道から内視鏡を入れて腫瘍を切除する手術です。この手術の結果で、さらに追加の治療が必要かどうかの判断をします。この手術だけで治療が終了する場合もありますが、膀胱内再発を生じることがしばしばあり、年間の手術症例数が多くなります。
経尿道的尿管ステント留置術は腎と膀胱をつなぐ尿管という管がつまった際に行う手術です。尿管が閉塞することで腎不全や重症の腎盂腎炎を起こすことがあり、多くは緊急手術として行われます。重症腎盂腎炎・急性腎後性腎不全など救急疾患を多数治療しています。
これら 5つの手術はすべて内視鏡手術です。泌尿器科では、より患者様の負担が少ない手術(低侵襲手術)を行うように心がけています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 24 0.00 1.00 0.00% 68.42
K597-2 ペースメーカー交換術 23 1.00 4.00 0.00% 83.43
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 23 0.00 1.00 0.00% 69.30
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 22 1.09 10.32 4.55% 78.27
K5551 弁置換術(1弁) 18 4.89 36.28 22.22% 69.11

月曜から金曜日まで毎日手術をおこなっており、週に平均2~3例の心臓・胸部大動脈手術、それ以外の日に腹部大動脈瘤手術やステントグラフト内挿術・下肢静脈瘤手術・ペースメーカー手術を行っています。心臓手術は手術内容が多岐に渡るため単独手術件数としては画一的な静脈瘤手術などが上位になっています。胸部・腹部大動脈瘤に対するステントグラフトや下肢静脈瘤に対するレーザー焼灼術などの低侵襲血管内手術を積極的に取り入れています。冠動脈バイパス術は弁膜症などの併施手術がない場合は 90% 以上が人工心肺を使わずに行っています(オフポンプ冠動脈バイパス)。また弁膜症では症例によっては胸骨を切らない右胸部小切開での低侵襲手術も行っています。急性大動脈解離や大動脈瘤破裂などの緊急手術も多く、他病院からの紹介転院も幅広く受け入れております。下肢静脈瘤に関しては、原則レーザー焼灼術も抜去切除術も入院当日手術で翌日退院としています。ペースメーカー交換は当院でフォロー中の方だけでなく、交換目的での開業医さんからの紹介も多くなっています。弁膜症に関しては特に最近は手術を受けられる方がどんどん高齢化していますが早期リハビリによりできるだけ自宅退院をして頂くように努力しています。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 等 48 0.98 8.60 0.00% 70.13
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 26 1.23 6.08 0.00% 70.12
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 22 1.00 8.41 4.55% 70.36
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 11 3.82 4.64 0.00% 27.27
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) - - - - -

手術数上位は全て胸腔鏡手術です。原発性肺癌の約90%の症例を胸腔鏡で手術し、転移性肺腫瘍、気胸、膿胸、縦隔腫瘍などに対しても多くの患者さんを胸腔鏡で手術しています。ロボット支援手術も行っています。
当院の胸腔鏡手術は完全鏡視下手術で、手術創からののぞきこみによる直視は行わず、モニターのみを見て手術を行います。肋骨と肋骨の間を広げないため、より体にやさしい手術と考えます。また、術者、助手等全員が同じ映像を見て手術を行うので安全性が高い方法と考えます。ただし、胸腔鏡では安全性や疾患の根治性が保てないと判断する時は開胸手術を行います。
肺癌の手術術式は、肺がん診療ガイドラインに従って、肺葉切除を標準術式としていますが、早期肺癌の患者さんや肺機能や体力的に肺葉切除では負担が大きい患者さんには区域切除や部分切除を積極的に行っています。心臓血管外科の協力がえられるため、大血管を合併切除するような拡大手術も可能です。気胸の患者さんには、まず胸腔ドレナージを行い、治癒しない場合に手術を行うため術前日数がやや長いですが、手術決定から手術までの期間を短縮するよう努力し、短縮傾向です。
胸腔鏡下肺切除術(その他)は、感染症に対する手術もあり、術後在院日数がやや長くなっています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 27 0.22 9.00 33.33% 80.30
K1781 脳血管内手術(1箇所) 15 1.00 17.80 40.00% 64.00
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 4.33 23.50 25.00% 66.50
K1742 水頭症手術(シャント手術) 12 7.83 13.92 41.67% 48.17
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -

当科の主要手術
1.慢性硬膜下血腫・・・人口の高齢化に伴い、転倒、頭部打撲する方が激増しています。高齢者の頭部打撲の方が、受傷3週間から3ヶ月後に麻痺が出現する場合があります。その殆どが慢性硬膜下血腫の発症のためです。局所麻酔で血腫を除去すれば、麻痺は速やかに改善する場合が殆どです。ただし、高齢者に多いため、再び転倒、再発される方も多く認められます。
2.脳腫瘍・・・当科は脳腫瘍に対して、開頭摘出術を積極的に行っています。特に手術困難とされている頭蓋底腫瘍治療を得意としております。
3. 水頭症・・・1と同様、人口の高齢化に伴い、正常圧水頭症の患者さんが増えています。歩行障害、失禁、認知症が代表的な症状です。余分な髄液を排出する細い管を皮下に埋め込みます(所要時間30~60分です)。症状が軽微なほど改善が早いですから、認知症の診断を受けた方は一度は頭部CTを施行し、この水頭症ではないことを確認すべきです。正常圧水頭症は、認知症を呈する疾患群の中でも、改善させることのできる認知症として知られています。
4.脳動脈瘤クリッピング・・・当科は動脈瘤に対してクリッピング術を第一選択として行っています。これは根治性が高いためです。特にくも膜下出血を呈する破裂動脈瘤の場合は、脳梗塞の原因となる、くも膜下腔に存在する血腫も除去できるため、心肺機能が低下して全身麻酔に耐えられない場合を除いて、クリッピングを行っています。

小児外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 65 0.00 1.02 0.00% 3.35
K836 停留精巣固定術 21 0.00 1.00 0.00% 2.33
K6333 臍ヘルニア手術 10 0.00 1.00 0.00% 3.00
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -

小児外科の手術患者数では、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術が第一位になります。当院は、外科的治療を必要とする小児の診療に力を入れています。鼠径ヘルニア、停留精巣、陰嚢水腫、臍ヘルニアなどいわゆる common disease に対しては1泊2日の短期入院のクリニカルパスを適応して、治療・管理の標準化と医療安全の推進に、積極的に取り組んでいます。また、当科では新生児外科や先天性消化管奇形の修復術などメジャーの手術も、京都府下においては大学病院に次いで多数の症例を手術治療しています。それぞれの手術においても低侵襲を目指して、腹腔鏡下手術の適用を進めています。

脳神経・脳卒中科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 48 0.13 24.40 75.00% 78.67
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 27 6.22 8.52 18.52% 74.81
K178-2 経皮的脳血管形成術 12 11.83 24.58 66.67% 78.67
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) - - - - -

脳主幹動脈閉塞による超急性期脳梗塞では、早期の再開通治療が重要となります。当院では最新型血管造影装置Philips Azurion 7を導入し、経皮的脳血栓回収術を含む再開通治療を積極的に実施しています。ホットラインによる病院前・院内の医療連携や、ロボット(Welwalk-1000)導入のリハビリテーションなどを組み合わせて、脳梗塞診療のトータルマネージメントを目指しています。
頸動脈高度狭窄症には頸動脈ステント留置術、薬剤抵抗性の頭蓋内動脈高度狭窄症には経皮的脳血管形成術をおこない、脳梗塞の再発予防治療を実施しています。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 39 0.08 34.38 7.69% 0.00
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 29 0.00 24.28 20.69% 0.00
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) - - - - -

手術を行う診療科ではありませんが、当科入院中に対診および、転科にて実施した手術を表記しています。

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 36 1.00 8.03 0.00% 67.83
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 29 1.00 3.62 0.00% 62.07
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 16 1.00 7.94 0.00% 63.81
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -

乳癌手術では外来で術前検査を行っており、手術前日の入院となっています。また、クリニカルパスを用いて計画的な治療・管理を行っています。
1位は乳房切除術+センチネルリンパ節生検です。リンパ節転移のない比較的大きな乳癌や、広範囲の非浸潤がんに行われる術式です。
2位は乳房部分切除術です。比較的小さな乳がんであれば乳房を全て切除するのではなく、部分的な切除が可能です。当院では、手術中に切除断端を迅速病理診断することにより、癌の取り残しがないよう努めています。手術後に放射線治療が必要となります。
3位は乳房切除術+腋窩リンパ節郭清で、リンパ節転移のある比較的おおきな乳がんに用いる術式です。
4位の乳輪温存乳房切除術はご自分の乳輪や乳頭をのこしたまま乳腺組織のみ切除する方法です。がんが乳輪乳頭まで及んでいないことが前提となり、乳房再建を希望される場合などに用います。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 28 0.04 3.25 3.57% 73.82
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0133 分層植皮術(100cm2以上200cm2未満) - - - - -

1位の皮膚悪性腫瘍切除術は、皮膚がんの手術です。当院では、切除の他、センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清、植皮 を含めた皮膚外科手術を行っています。外来日帰りで手術を行うこともありますが、大きな手術になることが多く、入院して治療を行うことも少なくありません。
2位は良性の皮膚腫瘍のうち、顔や手足などの見た目や機能に影響が大きい部位で、しかも4cm以上の大きい腫瘍に対する手術です。手術後の安静を目的として入院して行うことがほとんどです。
3位は良性の皮膚腫瘍のうち、6cm以上のかなり大きい腫瘍の患者さんです。大きい腫瘍の場合は、良性であっても入院して手術を行う方が安全です。
4位は良性の皮膚腫瘍のうち、顔や手足などの見た目や機能に影響が大きい部位で、やや大きい腫瘍に対する手術です。外来日帰りで行うことも多いですが、出血のリスクが高い場合や、手術後の安静が必要とされる場合は、入院して手術を行うことがあります。
5位は皮膚の移植手術のうち、やや大きめの範囲に行われる手術です。手術後のキズの安静が必要であり、入院して行うことがほとんどです。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他) - - - - -
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む) - - - - -
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -

乳癌術後の乳房再建は、一次再建・二次再建とも対応しています。ただし、現在保険診療では自家組織のみでの対応となっています。メディカルタトゥー(刺青)による乳輪再建も行っています。
外傷や手術の傷跡である肥厚性瘢痕や、ケロイドに対しても、保存的治療から電子線照射を併用した手術療法まで行っています。
腫瘍の切除に伴う組織欠損に対しても、植皮術や種々の皮弁術による再建手術も行っています。
その他、形成外科一般の疾患にも広く対応し、場合によっては京都大学形成外科とも連携して診療に当たっております。

腎臓内科・腎不全科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K610-3 内シャント設置術 35 8.26 9.46 2.86% 68.89
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 24 0.42 2.71 0.00% 72.04
K610-3 内シャント設置術 14 6.64 8.36 7.14% 74.43
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -

慢性腎臓病の方に対する外科的治療を行っています。2019年度は、自己血管、人工血管を用いたバスキュラーアクセス(内シャント)の設置術やシャントトラブルに対する手術、腹膜透析カテーテル留置術を計83件行っています。
シャント血管の狭窄、閉塞に対する経皮的シャント拡張術も78件行っています。
その他、透析腎癌に対する腎摘出術、二次性副甲状腺機能亢進症に対する副甲状腺全摘出術も行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 13 0.08%
異なる 36 0.23%
180010 敗血症 同一 35 0.22%
異なる 22 0.14%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 95 0.61%
異なる - -

入院中の感染症や合併症の発症率を示したもので、これらを減少させていくことを目標として集計したものです。
入院中は免疫力が低下している場合もあり、ウイルスや細菌による感染症や、手術後の予測不可能な合併症を発症することがあります。これらの合併症をなくすことはできないものの、少しでも発症率を抑える取組みが求められています。
当院では「手術・処置等の合併症」の件数が最も多いです。内訳として「透析シャントの閉塞・狭窄・機能低下」の割合が最も高くなっていますが、当院には「透析センター」があり、近隣の医療機関より透析シャントの合併症を発症した患者の紹介を受けていますので、結果として症例数および、発生率は高くなっています。
また、他の合併症や、播種性血管内凝固症候群、敗血症の発生率も高い傾向にあるのは、当院が救命救急センターを有し、重篤な救急患者を受け入れているため、合併症を有しているケースが多いと考えられます。

更新履歴

2020年9月30日 令和元年度病院指標を公表しました。