病院のご紹介

救命救急センター

センター長のご挨拶

救命救急センターの軌跡と今後

救急医療への道

院長・救命救急センター長 池田栄人

当院の救急医療への道は、施設の老朽化が進み経営状態が悪化したことの病院再建策として、平成3年に救急診療室と支援体制が構築されたことに始まります。紆余曲折を経ながらも「院内に空床のある限り、救急を断らない!」という方針で、救急車受け入れを800件から3,000件へと伸ばし一気に京都のトップランナーに躍り出ました。このことが原動力となり病院改築計画が進み平成9年A棟が完成、京都で3番目の「救命救急センター」の開設となりました。

救命救急センターとしての軌跡

新設された救命病棟30床(ICU6床を含む)による救急受け入れ向上により、平成11年には総患者数24,000人、救急車受け入れ3,742件に達し、救命救急センターの充実段階評価で全国145施設中第10位という望外な栄誉をもたらしました。この後も順調に業績を伸ばし、平成15年には救急車受け入れ4,677件、平成22年には救急車受け入れ6,915台に達し、全国約200施設ある救命センター中30位以内という高いアクティビティを継続しております。
平成18年には、脳死下臓器提供を全国43例目として行い、移植医療に貢献しました。平成24年の「祇園での集団交通事故」の際には、重症例を受け入れ緊急手術・ICU管理にて救命しました。「亀岡篠町における集団救急事故」の際にはドクターヘリ搬送で重症例を受け入れるなど、京都のトップランナーとしての活動をしております。
学術的には、平成15年に第87回日本救急医学会 近畿地方会(会長:依田建吾)、平成23年に第103回日本救急医学会 近畿地方会(会長:池田栄人)など開催しました。また、ICLS、JPTEC、JATEC、PCEC、MCLSなどを定期開催し、救急・災害医療の啓発活動にも積極的に取り組んでおります。
平成24年にC棟が完成し院内ICU10床が開設、救命ICU6床と合わせて重症例の受け入れが一層向上することになりました。これに対し、救急外来(ER)においては、京都府立医科大学 救急医療科(太田凡教授)によるスタッフ派遣により、救命ICUにおいては、麻酔科と重症集中治療の協同により、更なる充実・強化に努めております。
災害医療に対しては、日本DMAT、京都府の基幹災害医療センター、赤十字病院としての使命を有しており、超急性期のDMATチームから、心のケアの日赤救護班派遣まで、幅広い対応体制を整えるに至っております。

今後

平成24年、当院は救急・重症患者を幅広く受け入れ、適切な治療を行っていることが評価され、全国で90施設、京滋では一施設しかない高診療密度病院(DPC第2群)に選ばれました。今後も、京滋の高度急性期のトップランナーとしての役割を果たしていくことが目標です。救命救急センターとしては、高度救命救急センターの所得を目指して充実・強化を行っていく所存でありますので、ご指導・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

院長・救命救急センター長
池田栄人

理念

人道と奉仕の赤十字精神に基づいて、24時間体制で真摯に救急医療に取り組み、患者さまにとって安心できる適切な医療を行います。

基本方針

  1. 地域の救急医療・災害拠点病院としての機能を全うします。
  2. 救急医療を担う者として社会的使命を自覚し、医療レベルや医療サービスの向上に努めます。
  3. 次代の救急医療を担う専門職を育成するため、関連部門において教育にも力を入れます。

救命救急センター

救命救急外来・病棟・集中治療室の3部門から構成され、高度先進医療機器による管理システムを備え、一次、二次および三次救急の重篤救急患者の救命に24時間対応しています。

ヘリコプターでの搬入や患者さまの症状により医師や看護師が同乗してドクターカーでの搬送を行うほか、早期医療や処置が行なえるよう救急隊や医療機関と適宜情報を交換するなど、経験豊かな専門スタッフが一致協力体制で臨んでいます。

救命救急センターの活動

外傷初期診療

外傷救急疾患に対応するため当センターでは外傷初期診療プログラムを積極的に導入し、防ぎえた外傷死の減少に取り組んでいます。平成18年には当院においてJATECコースを開催しました。またスタッフも多くのコースにプロバイダーとして参加し、現在救急科部には3名のインストラクターが所属しています。救急室外来横の部屋にALSシミュレータを設置し救急対応の合間にも研修医のトレーニングができる環境を整えています。

病院前医療

交通事故などで救出・搬送に時間を要する場合消防からの要請により救命救急センターのスタッフが現場に出動します。病院前医療を理解するために平成18年よりJPTECコースを開催し現在までプロバイダーコース2回インストラクターコースを1回当院で開催しています。8月に更新された当院の救急車には現場出場時にも対応できるように搭載機器を整備しドクターカー運用も検討しています。

救急蘇生法

準備中です。しばらくお待ち下さい。

脳卒中

救急室より始まる脳卒中医療: Emergency Strokology

救急室(ER)へ脳卒中疑い例が搬入された時点では、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の3つの脳卒中のうち、どの疾患であるのかは分かりません。また、脳卒中様の症状を呈しながら、その他の疾患である可能性もあります(1) 。よって、救急初療医としては、ISLSが提唱しているフローチャートに従い(2) 、A(Air way:気道)、B(Breathing:呼吸)、C(Circulation:循環)の評価と応急処置、および意識障害の程度とその原因疾患の鑑別を実施するとともに(3) 、頭部CTをできるだけ迅速に撮影することが求められます。また、より正確な診断のためには、空いた時間を利用して病歴聴取と神経学的診察を繰り返すことも重要です。
頭部CTの結果より脳梗塞が疑われた場合には、脳保護薬の投与下で再開通治療の適応を判断します。再開通治療の適応があり、アルテプラーゼ静注禁忌事項に該当しない例では、家人の了解を得て同薬の静注療法を開始します。一方、当施設では、再開通治療の適応があるものの、アルテプラーゼ静注の禁忌例あるいは重症の脳梗塞例に対しては、頭部MRI/MRAを追加後に家人の了解を得て、緊急脳血管内血行再建術を実施しています(4) 。同手術に際しては、局所血栓溶解療法、機械的血栓破砕術(マイクロカテーテルを使用)、経皮的脳血管形成術、血栓回収治療などの手技を適宜組み合わせることにより、閉塞血管の再開通率の向上とともに出血性合併症の軽減を図っています。また、原因不明の脳梗塞に対する脳血管造影も積極的に実施しており(5) 、再発予防法の確立に役立てています。初療が終了した例は、救命救急センターあるいは脳卒中センターへ入院し(脳神経・脳卒中科)、当施設で発案した「RED CROSS」の語呂*1 に集約される脳梗塞の急性期管理を受けることになります。
頭部CTにて出血性脳卒中(脳出血やくも膜下出血)と診断された例には、厳格な血圧管理・止血薬の点滴とともに、必要時には、脳神経外科医による開頭術や脳神経血管内治療専門医によるカテーテル手術を実施します。初療が終了した例は、上記センターへ入院後(脳神経外科)、全身管理と急性期リハビリを受けることになります。
当救急科では、研修医への脳卒中教育として、脳神経・脳卒中科、脳神経外科の若手医師の協力のもと、脳卒中勉強会(塾)を毎月開催しています。また、京都府の脳卒中医療の向上のために、京都大学脳神経外科医の先生方が中心となって開催している京都ISLSコースにも積極的に協力しています。
以上のように、我々は、ERより始まる脳卒中医療を旗印とし、京都府民への貢献・若手医師の育成・「救急脳卒中学=Emergency Strokology」の構築を3本柱に据えて、日々の診療を実践しています。このような医療の実現に不可欠なものは、24時間途絶えることのない脳卒中に対する各医師の熱意です。脳卒中への興味と熱意がある方は、ぜひ我々と一緒に古都京都での「Emergency Strokology」を実践していきましょう。

文責:脳神経・脳卒中科部長 今井啓輔(日本脳卒中学会評議員,American Stroke Association professional member),2008年9月1日.

参考文献

  • (1) 東 裕美子,丹羽文俊,巨島文子ほか.Stroke mimicsを呈した代謝性脳症の3例.日本神経救急学会雑誌 20:27,2007
  • (2) 日本救急医学会監修.ISLSコースガイドブック.へるす出版,2007
  • (3) 今井啓輔.特集 医療従事者として知っておきたい脳卒中の応急措置.薬局 59:111-115, 2008
  • (4) 今井啓輔,濱中正嗣,牧野雅弘ほか.rt-PA静注禁忌例・重症脳梗塞例に対する緊急脳血管内血行再建術.脳卒中30:570-576, 2008
  • (5) 今井啓輔,濱中正嗣.II 脳卒中の診断.Q16 脳血管造影.救急・集中治療 20:893-897, 2008

注釈

*1 「RED CROSS」is an acronym indicating essential points in the management of acute ischemic stroke patients as follows, R&R: Recanalization therapy and Rescue operation; E&E: administration of Edaravone and control of the Environment (i.e. Hypothermia therapy); D&D: antithrombotic Drug and volume control of Drip; C&C: management of Complications and Concomitant diseases; R&R: acute Rehabilitation and no Restriction of activity; O&O: Oral intake (control of nutrition)and control of Obstipation; S&S: diagnosis of Stroke subtype and decision of Secondary prevention; and S&S: Speedy and Seamless discharge to home or other institutions.

小児救急診療

こどもは大人に比べて重症の病気が少ない反面、悪くなり始めるそのスピードは早く、気付いたときには重症となっているということがしばしばあります。大事なことは悪くなる前に気付いて対応することです。しかし悪くなる前のこどもを見つけだして早く治療を開始することはそれほどやさしいことではありません。
こどもの診察を日々行っていくうちに、「悪くなる気配」というものはなんとなく分かるようになってきます。しかしなんとなく分かるようになるのではまだ確実ではありません。
「悪くなる気配」や「重い症状」を把握するための一定の評価方法を取り入れて、その判断をもとに適切な初期治療を開始することが重要です(「診療の標準化」といいます)。「診療の標準化」を行うことで、誰が診療に当たっても根拠に基づいた標準的な治療ができるようになります。また、治療に当たる医師、看護師が共通の治療の流れを理解すれば治療がよりスムーズにすすみ、より良い結果に結びついていきます。
こどもを適切に評価し治療するための標準的な方法をPALSといいますが、救急部ではPALSに則った「小児救急診療の標準化」に取り組んでいます。

外傷初期看護

準備中です。しばらくお待ち下さい。