病院のご紹介

緩和ケアセンター

概要

緩和ケアセンター

本院では京都府の地域がん診療連携拠点病院として、緩和ケアの充実と種々の緩和ケア関連の病院機能を統合することをめざして2016年に緩和ケアセンターを開設いたしました。
 緩和ケアとは、“生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアル(霊的)な問題を早期に発見し、的確なアセスメント(評価)と対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、QOL(生きていく内容の質)を改善するアプローチである。(2002、WHO)”とされています。
 以前は緩和ケアというと“終末期”を連想されがちでしたが、現在のがん診療では、“がんと診断されたときから、がんそのものに対する治療と平行して、いろいろながんに伴う”つらさ“を解決しようとするのが緩和ケアであり、がんといわれたときから緩和ケアは受けられるべきものであると考えられています。

緩和ケアセンターの機能には次のようなものがあります。

  1. がん患者さんの身体的な苦痛、精神心理的な苦痛、社会的な苦痛、スピリチュアル(霊的)の苦痛など、さまざまな苦痛を拾い上げ(スクリーニング)、これらの苦痛を解決できるよう緩和ケアにつなげること。
  2. がん関連の看護の資格を持った専門的看護師によるがん看護外来を運営すること。
  3. 緩和ケア内科および多職種からなる緩和ケアチーム(身体症状担当医師1名、精神症状担当医師1名、心理士1名、放射線治療科医師2名、化学療法部医師2名、リハビリテーション科医師1名、歯科口腔外科医師1名、がん看護専門看護師1名、がん性疼痛看護認定看護師1名、緩和ケア認定看護師1名、がん放射線療法看護認定看護師1名、緩和薬物療法認定薬剤師3名、管理栄養士1名、理学療法士3名、作業療法士1名、医療ソーシャルワーカー1名などから構成)による緩和ケア外来および入院中の緩和ケア診療を運営すること。
  4. がん相談員の資格を持った医療ソーシャルワーカーによる、緩和ケアを含むがんに関連する専門的な相談窓口を運営すること。
  5. 地域の医療機関などとの、緩和ケアを含むがんに関する連携体制を充実させること。
  6. 緩和ケアを広く普及させるために、医師、看護師などの医療者を対象とした緩和ケアの研修会を運営すること。

緩和ケアセンターではこのような活動を行い、緩和ケアの普及、拡充を図り、地域の緩和ケア力の充実をめざしてまいります。

緩和ケア研修会 修了者名簿