病院のご紹介

院内がん登録

院内がん登録 登録件数

院内がん登録とは、当院でがんの診断や治療を受けられた患者さまについて、がんの診断・治療・予後に関する情報を登録・収集する仕組みのことをいいます。
登録の目的は、当院におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者さま・ご家族への支援に役立てることです。
登録の対象となる疾患は、上皮内がんを含む全悪性新生物、ならびに良性を含む頭蓋内の腫瘍です。
当院では、「がん診療連携拠点病院 院内がん登録標準登録様式 登録項目とその定義 2006年度版修正版」の標準項目に沿い、主治医や診療に携わった医師、診療情報管理士が情報の登録をおこなっています。

登録により収集された情報は、整理・集計され

  • 診療活動の支援、研修、教育のための資料提供
  • がんに関する医療活動の評価(統計)の資料作成
  • がん患者さまの生存率の計測
  • 地域がん登録(京都府悪性新生物(がん)実態調査)への届出
  • 国立がんセンターがん対策情報センターへの情報提供

などに利用しています。

なお、登録されている情報は患者さまの個人情報も含まれておりますが、当院の個人情報保護規定、院内がん登録実施規程に則り、利用者・利用目的を制限しておりますので、情報漏洩の心配はありません。