病院のご紹介

基幹災害拠点病院

災害への取り組み

京都第一赤十字病院は、災害救護活動の様々な役割に対し積極的に取り組んでいます。

DMAT

「DMAT」とは、災害発生直後の急性期(概ね48時間以内)に活動が開始できる機動性を持った専門的な研修・訓練を受けた災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team(以下「DMAT」という。)のことで、当院にも医師1名、看護師2名、業務調整員(事務、理学療法士、臨床工学技士、薬剤師等)1名の4名を基本とするチームが複数登録されています。

さらに、京都府が独自に養成研修を実施している、京都府内大規模災害時等に活動を行うローカルDMATとしての「京都DMAT」隊員も当院をはじめ京都府内の救命救急センターや災害拠点病院等に多数登録をされており、毎年、この隊員養成にも当院の「DMAT」が貢献をしています。

日本DMAT活動要領(492KB)