新着情報

イベント・教室

健康教室のお知らせ

2016年01月20日
開催日 2016年2月13日
開催時間 14:00~16:00
開催場所 京都第一赤十字病院 多目的ホール(管理棟5階)

京都第一赤十字病院では年4回健康教室を開催しております。
毎回、テーマ毎に当院の専門の医師がわかりやすい講義を行っています。
申込不要・参加無料です。たくさんの方々のご参加をおまちしております。

 

以下、講師からのメッセージです。

 

 

≪沈黙の臓器 膵臓のお話≫

~あなたの膵臓大丈夫?~

膵臓は血糖のコントロールや食事の消化を行っている重要な臓器です。しかし膵臓は胃の裏側のお腹の奥の方にあり、沈黙の臓器といわれ、病気の早期診断、治療が難しいとされています。急性膵炎は食物を消化するための働きによって自分自身の組織を溶かしてしまう(自己消化)病気であり、時に命にかかわることがあります。また、膵癌は近年増加傾向にあり、症状が出た頃にはかなり病気が進行していることが多いやっかいな病気です。このように膵臓は普段正常なときはいいのですが、いったん病気が生じると大変なことになりかねない怖い臓器です。今回は膵臓の病気について日頃の注意点などもおりまぜてお話いたします。

 

消化器内科副部長   佐藤 秀樹

 

≪しっかり学んで悩みを解消しましょう!≫

 ~ 健診・検査データの読み方 ~

皆さんは健診や検診を受けていますか?40~74歳の公的保険加入者を対象とした特定健康診査(いわゆるメタボ健診)の平成24年度実施率は46.2%にとどまり、人間ドック受診者は40歳以上の成人のわずか4.7%と言われています。

そもそも健診や検診は何のためにあるのでしょうか?がん検診を受ければ長生きできる科学的根拠はあるのでしょうか?がんや動脈硬化性疾患(脳卒中や心筋梗塞など)の予防には健診の結果をどう生かせばいいのでしょうか?要介護の主因である脳卒中や認知機能低下、移動機能低下(ロコモティブシンドローム:サルコペニア、骨粗鬆症など)を予防して元気に長生きするためには今から何ができるのでしょうか?

こうしたことについて一緒に学んで、自分の健康を自分で管理する力を高めましょう。

 

健診部長    島 孝友

 

 

  • 京都第一赤十字病院 看護部
  • 京都第一赤十字 看護専門学校
    • 外来受付時間

    • 平日8:30~11:30

    • 休診日

    • 土曜・日曜・国民の祝日・年末年始(12月29日~1月3日)・創立記念日(5月1日、11月20日)

    • 外来診察担当表
    • 交通アクセス

    • 〒605-0981
      京都市東山区本町15-749 TEL:075-561-1121(代表)

    • 交通アクセス