新着情報

イベント・教室

健康教室のお知らせ

2017年05月30日
開催日 2017年7月8日
開催時間 14:00~16:00
開催場所 京都第一赤十字病院 多目的ホール(管理棟5階)

≪関節リウマチのお話≫
~ 関節リウマチ診療の目指す先 ~

 

昔から多くの人を悩ませ、手足の関節が変形する病気として知られている『関節リウマチ』。現在患者数は日本国内だけで100万人以上いると言われています。以前は関節が変形して関節リウマチの診断がつくまでに何年もかかってしまうことがよくありました。しかし、最近は関節エコー検査や関節MRI検査により、関節の変形が起こる前に診断・治療が可能となってきました。特に、新しい内服薬や注射製剤(生物学的製剤)の登場で関節リウマチの治療が飛躍的に進歩しております。
関節リウマチの治療は単に痛みを和らげる、関節変形を抑えるということにとどまらず、関節リウマチをほとんど気にすることなく日常生活が送れることを目標としています。当たり前に旅行する、当たり前に料理する、当たり前にお孫さんを抱っこする・・・・。生涯にわたって、その当たり前が続けられるように日々お力添えをさせて頂いております。
今回は関節リウマチについて、当院で行っている最新の検査・治療も含めてお話させて頂きたいと思います。

 
京都第一赤十字病院 リウマチ内科副部長  角谷(かどや) 昌(まさ)俊(とし)

 

 

 

≪高血糖のお話≫

~ 野菜パワーでストップ高血糖 ~

 

生活習慣病予防のためには栄養バランスの良い食生活が望ましいとされますが、すべての年代で野菜不足が指摘されており、なかでも野菜不足による食物繊維の不足は糖尿病の予防や療養において問題視されています。

今回は、日々の食事に野菜を上手くとり入れる工夫を紹介させていただく予定です。

皆さまの食生活改善の一助となれば幸いです。

 

京都第一赤十字病院  栄養課管理栄養士  杉本 みゆき

 

 

 

≪血糖値を知る方法≫

~自分の血糖値がどれくらいなのかって気になりませんか?~

 

健康診断で血糖値が高いと言われたことはありませんか?

現在、厚生労働省が実施している患者調査によると、糖尿病の総患者数は年々増加しています。

糖尿病の症状は気づきにくく、ある程度血糖値が高いくらいでは症状のない人がほとんどです。そして、糖尿病の治療をしている方でも、気づかないうちに、血糖値が低くなる、あるいは高くなるというようにうまくいかない場合もあります。

しかし、そのような症状がない程度の高血糖や低血糖でもさまざまな病気(合併症)が徐々に進み、やがて全身にさまざまな障害を起こすのが、この病気の特徴であり、こわいところです。

その予防として、自分の血糖値の状態を早く知ることで、できるだけ健康な人と同じくらいに血糖値を良く保ち、高血糖によって起こる合併症を防ぐことができ、寿命も健康な人と変わりません。

このように血糖値の状態を知ることは大切ですが、知るための検査方法には様々な方法があり、その検査方法や血糖コントロールの為に日頃からできるような方法について分かりやすくお話いたします。

 

京都第一赤十字病院 糖尿病・内分泌内科  岩瀬 広哉

 

 

*京都第一赤十字病院では年4回健康教室を開催しております。

毎回、テーマ毎に当院の専門の医師がわかりやすい講義を行っています。

たくさんの方々の参加お待ちしております。【申込不要・参加無料】

 

 

  • 京都第一赤十字病院 看護部
  • 京都第一赤十字 看護専門学校
    • 外来受付時間

    • 平日8:30~11:30

    • 休診日

    • 土曜・日曜・国民の祝日・年末年始(12月29日~1月3日)・創立記念日(5月1日、11月20日)

    • 外来診察担当表
    • 交通アクセス

    • 〒605-0981
      京都市東山区本町15-749 TEL:075-561-1121(代表)

    • 交通アクセス