1. Top
  2. 教育プログラム
  3. 新人教育

教育プログラム 京都第一赤十字病院の教育計画をご紹介します。

新人教育

「新人看護師教育計画」に基づいて、1年を通して各部署で支援する指導体制を整えています。

部署内研修

4~5月の週1回午後、部署で技術演習
日常生活援助・電子カルテ・与薬・皮筋注・採血酸素吸入・吸引・浣腸
輸液ポンプ・シリンジポンプ・心電図十二誘導など

集合研修−フォローアップ研修

月末

4月:
自分の思いを表現できる
5月:
体験事例からコミュニケーション技術を考える
6月:
体験事例から医療安全を考える
9月:
自己の成長やストレスについて考える
11月:
安全な薬剤の取り扱い方法について学ぶ
2月:
1年間の看護実践を振り返り、自らの成長に気づく
  • 看護部新入職員オリエンテーション

  • グループワークで仲間作り

  • 1ヶ月フォローアップ研修

指導体制

新人看護職員研修ガイドラインに従って、新人看護職員の1年間の教育計画を立て、各部署に教育担当者・実地指導者を配置するとともに職場のスタッフ全員で一人ひとりの成長を支援します。

教育計画の特徴

  • 1年間の到達目標と毎月の到達目標・行動目標を立案しました。
  • 1年間は受け持ち患者をもたずに、担当看護師として、学びを積み重ねてもらいます。

1年間の到達目標

  • 看護職として必要な基本的姿勢や態度を身につけ、安全な看護実践を提供することができる。
    1. 看護チームのメンバーとしての責任ある行動がとれる。
    2. 日常のケアに必要な知識と技術を、マニュアルを見たり指導を受けたりしながら習得し、安全に看護実践ができる。
    3. 看護過程に関する基礎的知識を習得し、指導を受けながら看護過程の展開ができる。
  • 自己の課題や目標を明確にし、前向きに取り組むことができる。
  • 赤十字の医療施設の職員としての自覚をもって、赤十字活動に参加することができる。

月別到達目標

  • 4月社会人としての生活に慣れる。部署の一員として職場環境に慣れる。
  • 5月チームの一員であることを自覚し、目標をもって行動できる。
  • 6月~8月業務やケアの根拠を考えながら実践できる。
  • 9月~10月チームの一員として活動しているという実感がもてる。
  • 11月~2月チームメンバーの役割と責任を果たすことができる。
  • 3月自己の課題を明確にし、次年度の目標を立てることができる。