1. Top
  2. 専門・認定看護師
  3. 認定看護師

認定看護師 京都第一赤十字病院の認定看護師をご紹介します。

認定看護師とは

日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において熟達した看護技術と知識を有している看護師です。その役割は以下の3つです。

  1. 実践:個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。
  2. 指導:看護実践を通して看護職に対し指導を行う。
  3. 相談:看護職に対しコンサルテーションを行う。

感染管理認定看護師 山城 裕子、森 麻已

患者さまを院内感染による身体的・精神的苦痛から守り、職員が安全に働くことができるような環境にするために取り組んでいます。 「根拠に基づいた実践ができる」を目標に、院内外の研修に取り組み、地域連携を深めています。

救急看護認定看護師 五十嵐 佳奈、糀谷 枝美、田中 裕子

3名の救急看護認定看護師が救命救急センターに所属しています。 救急看護の対象は、時、場所を問わず発生し、多種多様な疾病や外傷を有した、あらゆるライフステージにある患者さまとそのご家族です。当院に来院された患者さまとご家族の心身の障害を最小限に、早期の社会復帰を目指し、救命救急センターをはじめ病院全体の看護実践の質の向上が図れるよう日々活動を行っています。
また、地域における救急・災害医療の質の向上を念頭に、他施設と協働しながら、救命技術や応急処置、災害訓練その他の講習・啓発活動を継続的に行っています。

集中ケア認定看護師 山中 真知子、杉原 純子、稲波 享子

当院には3名の集中ケア認定看護師が勤務しています。集中治療室を中心に、大きな手術や病気などによって状態が重い患者さまの病状の変化を予測し、重症化の予防や回復を支援する援助、患者さまとご家族に対する精神的援助を行い、クリティカルケア看護の質の向上に努めています。また、呼吸ケアチームのメンバーとして、病棟で人工呼吸器管理が必要な患者さまに対して、病棟回診を行い、事故防止・合併症予防・早期人工呼吸器離脱に向けて、病棟看護師と共に取り組んでいます。

新生児集中ケア認定看護師 喜田 眞理子、岸本 幸子、荒美 香

総合周産期母子医療センターNICUに所属し、小さく生まれたお子さまや重篤な疾患を持つお子さまの、生命維持と成長発達援助、御両親をはじめとする家族関係構築に向けたケアを行っています。実践の中でスタッフの知識・技術のスキルアップを目指し、指導・相談に取り組んでいます。

手術看護認定看護師 小林 由美、谷山 智子

手術を受けられる患者さまはご家族と離れ、不安や緊張の中、手術に臨まれます。手術看護認定看護師として、患者さまやご家族が安心でき、安全に手術を受けていただけるよう看護を提供します。また最良の看護を提供できるよう、勉強会などを行ない、手術看護の質の向上に努めています。

慢性心不全看護認定看護師 中上 藍

慢性心不全は内部障害であるため、患者さまの苦悩は周囲に理解されにくく、身体・心理・社会的にも多くの問題を抱えて生活しています。患者さま、ご家族が、心不全とうまく付き合い、その人らしく生活していけるよう、患者さまに寄り添いながら問題解決に取り組んでいます。

糖尿病看護認定看護師 二子石 よし子

糖尿病は食事・運動療法などの自己管理(セルフケア)が治療を行う上で不可欠です。しかし、多様化した社会の中で日常生活を送りながら、生涯においてセルフケアを継続していくことは困難を伴います。患者さまが糖尿病を持ちながらも、日常生活と疾患との折り合いをつけながら、その人らしい生活を送るための方法を患者さまと一緒に考える援助を行っていきたいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師 澤田 由紀子、小原 優子

ストーマを造設される患者さまの手術前から術後、退院後のケアや、褥瘡、便・尿失禁、下腿潰瘍その他の皮膚トラブルの予防やケアなどスキンケア全般に関わっています。 入院中の患者さまだけでなく、通院中の患者さまがよりよい生活を過ごせるよう、病棟・外来の看護師とともに取り組んでいます。

摂食・嚥下看護認定看護師 今田 智美

「食べること」それは、生命を維持していくための重要な働きです。しかしそれだけでなく、私たちは食べる「楽しみ」や 「喜び」といったことを大切に考えています。飲み込みがうまくいかない患者さまに一口でも「美味しい」と感じていただけるよう最善を尽くしています。

がん化学療法看護認定看護師 中森 真由美

がん化学療法は、抗腫瘍効果を発揮する薬剤を投与することにより、がん細胞の増殖や腫瘍の増大を阻止することを目的とした、全身的な効果が期待できる治療方法です。しかしほとんどの患者さまに何らかの副作用が出現し、しかも治療は長期にわたります。私はがん化学療法を受ける患者さまとそのご家族を支え、安心して安全に治療を受けていただくことができるよう、また医師や薬剤師など他職種と協働してケアにあたるよう努めています。

乳がん看護認定看護師 山本 沙織

乳腺外科外来に勤務しています。乳がん患者さまやご家族の方が納得し、安心して治療が継続していけるよう支援しています。また多職種との連携によるチーム医療の推進や地域と連携し患者さまがQOLを維持していけるよう取り組んでいます。看護実践のほかにも看護スタッフの指導あるいは相談に応じることも行っています。

がん性疼痛看護認定看護師 中満 順子

患者さまの多くは様々な痛みを抱えており、それは、身体的な苦痛だけではなく、心理・社会的にも大きな影響を及ぼしています。がん患者さま・ご家族にとってのQOLの向上につながるペインマネジメントを目指し、あらゆる療養の場で安心して過ごしていただけるよう看護チームや他職種と協力しあってサポートしていきます。

がん放射線療法看護認定看護師 桐谷 眞澄

がんの放射線治療は年々、治療実績や、照射の種類も増えて来ています。がん患者さまにとってQOL向上に大変有益であるといわれますが、 副作用の予防や症状緩和など予防的ケアが大変重要です。これまで比較的、医師の専門分野であったこの治療について、多職種で一体となってケアできるよう取り組んでいきたいと思っています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 藤野 早苗

脳卒中は命に関わることが多く、たとえ命が助かっても麻痺や失語などの後遺症が残ることがあり、再発の予防が必要な疾患です。後遺症があってもその人らしい生活が送れるようになることを看護の目標としています。現在、救命病棟に勤務し、超急性期での重篤化回避や早期からのリハビリテーションに取り組んでいます。院内の看護師への脳神経看護についての勉強会や、関連部署との連携により幅広く脳卒中患者さまの生活指導を実施していきます。

認知症看護認定看護師 髙瀬 あゆみ

認知症の症状はその人が生きてきた背景などと複雑に絡みながら現れ、その多様な症状によりご本人やご家族は多くの困難さを感じています。さらに入院という大きな環境の変化が認知症の症状を強めてしまうこともあります。認知症の人が安心してその人らしい生活をするためにできることは何か、認知症の人の人生や想いに寄り添い、介護する人の「なぜ」にともに悩みながら、ご本人やご家族、多職種とともに考え、ケアを実践していきたいと考えています。