1. Top
  2. 専門・認定看護師
  3. 専門看護師

専門看護師 京都第一赤十字病院の専門看護師をご紹介します。

専門看護師とは

実務経験5年(そのうち3年は専門分野実践)以上、看護系大学院で前期博士課程を修了し、実践活動を1年経験したのちに日本看護協会専門看護師試験に合格した看護師です。

  1. 患者さまやご家族への看護の実践
  2. 看護スタッフやケア提供者からの相談
  3. 看護スタッフのケア向上のための教育
  4. 円滑なケアのための医療福祉に携わる人たちの調整
  5. 専門知識技術の向上のための実践の場での研究
  6. 患者さま、ご家族、その他の人々の権利を守り、様々な問題の解決に対応する倫理的な問題や葛藤の解決をはかる

以上の6つが専門看護師の役割です。

がん看護専門看護師 田中 結美

がん患者さま、ご家族が、納得して治療を受けられるように、心と体の苦痛ができるだけ緩和されるように、そして、お一人おひとりが自分らしく過ごしていただけるように、サポートさせていただくことが私の役割です。がん相談、緩和ケアチームの活動を通して、役割を果たしていきたいと思っています。

老人看護専門看護師 大畑 茂子

人生90年の長寿時代において、認知症をはじめとする高齢者特有の健康問題を呈する高齢者が増えています。
さらに、ファミリーライフサイクルの変化や家族関係の希薄化、経済状況の悪化など、複雑多様な生活状況にある高齢者も非常に増えています。高度先進医療と看護を提供する当院においても、疾患や加齢の影響による複雑多岐な健康課題、及び生活課題を持つ高齢者に対し、主疾患の治療だけでなく合併症の予防、老年症候群の発生または進行予防など特別な配慮が不可欠です。
老人看護CNSとして、個々の高齢者にふさわしいエンド・オブ・ライフ実現に向けて、多職種と連携し適切な急性期医療・看護が提供できるように支援していきたいと考えます。

母性看護専門看護師 緒方 あかね

専門看護師として、妊娠期から生まれてくる赤ちゃんの育児やご病気など、不安をお持ちの妊婦様やご家族への看護ケアを中心にサポートさせて頂きます。また、他の医療スタッフへのケアの相談や調整を行い、赤ちゃんが生まれた後も継続してサポートしていきます。妊娠中や出産後のお母様だけでなく、流産・死産を経験された方や出生前診断でお悩みの方などにもサポートして行きたいと考えております。他施設の医療者の方へは、複雑で解決困難な母性看護のケア・連携に関するご相談や母性看護研修、事例検討、看護研究へのサポートをさせて頂きます。どんなことでも気軽にご相談頂けたらと思います。