診療科・部門のご紹介

診療科・医師のご紹介

リハビリテーション科

理学療法

脳卒中、骨折など様々な病気やけがにより身体が不自由になった方に対し、座る・立つ・歩く・手を上げる等の基本的な動作の獲得を目指して理学療法を行っています。 また、手足に障害を持った方だけでなく、心臓病による心機能低下・肺疾患による息切れの出現などにより体を動かすことが出来なくなった方に対しても理学療法の一環としての運動療法や再発・増悪予防目的に生活指導・自主練習指導を行っています。
近年では寝たきり防止(廃用症候群の予防)のため早期からの介入も開始しており、心疾患・がんなどの手術をされる方に対しては術前から理学療法を開始しています。
当院は総合周産期母子医療センターでもあり発達障害リスクの高い児が多数入院しており、ハイリスク児への介入も開始しました。

作業療法

当院での作業療法は、脳卒中や骨折などを中心に、様々な病気やけがにより生活に支障を来たしている方の心身の機能の維持・改善を図ります。起き上がる・立つなどの基本的な動作から、日常生活動作(食事・排泄・更衣・入浴など)を円滑に行えるように援助・訓練を行います。
また、患者さま本人が生活しやすいように手助けをする道具(自助具・装具)の作製や紹介も行います。特に上肢(腕から指)の骨折や切断等のけがをされた方には早期から必要な装具やスプリントを作製し、日常生活復帰や職業復帰を促すハンドセラピーを実施しています。

言語聴覚療法(嚥下訓練含む)

言語聴覚療法では、脳血管疾患・頭部外傷・神経筋疾患(パーキンソン病など)により生じた呂律困難(構音障害)・高次脳機能障害(失語症、記憶障害など)に対する評価・訓練を行っています。
嚥下訓練では、医師・認定看護師・管理栄養士と共に、術後を含む様々な疾患により生じた飲み込みの障害に対する評価・訓練を行っています。
本部門の特徴として、周囲施設との連携に力を入れ、その方の日常生活に沿った指導を行っています。また、近年では経頭蓋直流電気刺激(頭に電極を置く)というリハビリ方法の導入や小児病棟での評価・訓練など介入の幅を広げています。