診療科・部門のご紹介

コメディカル部門のご紹介

検査部

生化学・免疫血清検査室

  生化学・免疫血清検査では、血液、髄液、尿など、さまざまな検体をとりあつかっています。検体中の酵素やホルモン、腫瘍マーカー、ウイルス感染の有無などを測定することによって、各臓器の機能や、病態を推測します。

患者様から採血を行った検体は遠心分離後、上清(血清)を用いて検査しています。

トップに戻る

血液検査室

  血液検査室では、血算・凝固・赤血球沈降速度をそれぞれの自動分析装置で測定し、像目視や骨髄検査を顕微鏡で検査しています。
同じフロアの生化学検査室と連携し、迅速で正確な検査データを提供できるよう努めています 。

トップに戻る

遺伝子関連検査

  遺伝子関連検査として、感染症核酸増幅検査およびPOT法(MRSA疫学解析)を導入しており、診断や治療、院内感染対策に貢献しています。また、今後より発展するであろう遺伝子関連検査に対応できるよう取り組んでいます。

トップに戻る

細菌検査室

  患者様の検体から感染症の原因菌を検出し、どの薬剤が治療に有効であるかを検査しています。
  薬剤耐性菌が検出された時には、速やかに医師、ICDに連絡し、院内感染に注意を払い、感染症から患者さんや職員を守る為、院内感染防止対策にICTの一員として貢献しています。
  血液培養自動分析装置を更新、2台導入しました。時間外に提出された血培ボトルも即時分析装置に装填し検査を開始しています。

【検査風景】

トップに戻る

輸血検査室

  輸血検査室では血液型検査や輸血検査、製剤の管理などを行い、当院での安全な輸血が行えるよう支援しています。また、末梢血幹細胞移植(PBSCT)のために採取された細胞の管理も行っています。

トップに戻る

病理・細胞診検査室

  臨床医から提出された手術組織や生検組織から、臨床検査技師が顕微鏡用標本を作製し病理医が診断します。通常はHE染色標本を作製しますが、近年は多種の抗体を用いる免疫染色を行い治療方針決定に重要な情報を提供しています。

トップに戻る

採血室

  採血室は、患者さまへの安全性と心地良い接遇に心掛け、看護師と臨床検査技師で行っています。6台の採血台とともに様々な患者さまに対応すべく、小児用採血室および安静時採血ブースを併設して行っています。
  待合いには車いすスペースの他に、高齢者や足の不自由な患者さま、妊婦を対象とした優先席を設置しています。

  • 【車いすスペース】

  • 【優先席】

トップに戻る

一般検査室

  一般検査で行っている尿検査や便検査は、患者さまに比較的負担を与えず簡単に採取でき、健康状態についても多くの情報をいち早く手に入れることができます。そのほか、患者さまより採取された髄液や胸腹水、関節液などの検査なども行っています。

トップに戻る

腹部等超音波検査室

  腹部等超音波検査は、腹部超音波検査、造影超音波検査、乳腺超音波検査、甲状腺超音波検査、頸動脈超音波検査、関節超音波検査、体表超音波検査等を消化器センターの一角で行い、治療の補助等も含めて臨床と緊密な連携のもと4ブース体制で行っています。

  • 【腹部超音波検査】

  • 【頸動脈超音波検査】

  •  

  • 【ディスカッション風景】

トップに戻る

心肺機能検査室

  心肺機能検査は、心電図検査、負荷心電図、ABI、ホルター心電図、トレッドミル検査、呼気ガス分析器付トレッドミル検査、肺機能検査、精密肺機能検査、SPP(皮膚灌流圧)検査、基礎代謝検査を行っています。ドックの検査も同一場所で実施していますが、患者さまの流れは全く分離する合理的な設計がされています。

  • 【心電図検査】

  • 【呼気ガス分析器付トレッドミル検査】

【肺機能検査】

トップに戻る

心臓超音波検査室

  心臓超音波検査は、心臓超音波検査、経食道超音波、血管超音波検査(腹部大血管や腎動脈、四肢の動脈および静脈等)、また症例によっては3D解析も実施しています。検査結果を説明する個室(検査説明室)を検査室に隣接して設け、検査の合理的運用と患者のプライバシーの保護に力を入れています。

  • 【心臓超音波検査】

  • 【下肢静脈検査】

  • 【3D解析】

トップに戻る

脳波検査室

   脳波・筋電図検査は、脳波検査、誘発電位検査、筋電図検査を行っています。また病棟に出向いての検査として脳波の他に、新生児聴覚スクリーニング検査(AABR)や睡眠時無呼吸検査も行っています。

  • 【脳波検査】

  • 【誘発電位検査】

トップに戻る

生体機能検査室

  耳鼻科外来で医師、看護師と共にチーム医療を支える大きな力として、純音聴力検査、語音聴力検査、自記オージオ検査、耳鳴検査、遊戯聴力検査、ティンパノメトリー、耳小骨筋反射、DPOAE、平衡機能検査を行っています。

トップに戻る