診療科・部門のご紹介

コメディカル部門のご紹介

検査部

ilac MRA
LAB JAB

検査部のご紹介

ISO15189認定取得:国際基準を満たした検査室

ISO15189認定書

画像をクリックすると拡大されます

  京都第一赤十字病院検査部門(検査部・輸血・病理検査)は、平成27年1月15日ISO15189の認定を取得(検体検査・病理部門)し、2016年3月17日には生理分野の認定を取得しました。ISO15189は、臨床検査室の品質と能力に関する特定要求事項を提供する国際標準化機構(International Organization for Standardization:ISO)が作成した国際規格です。

  内容は品質マネジメントシステム(精度やリスク等の管理システム)と技術的要求事項(スキルの評価、教育カリキュラムなど)から構成されていて、認定取得した検査室は、国際規格に合致した検査室として、またその検査結果は国際的に通用することを意味します。ISO15189認定は治験実施施設や臨床研究中核病院の承認要件の1つとなり、2016年度診療報酬改定では、ISO15189認定施設に限り国際標準検査管理加算(新設)を算定することが出来るなど、その価値は高まりつつあります。

  私達にとっては、ISO15189の認定は資格取得を目的としたものではなく、PDCAサイクルを運用する「システム」が出来たという「始まり」にすぎません。ISO15189の運用を充実させることにより、患者さまをはじめ医師・看護師など他職種の要望などを基に、常に業務の見直しを行い改善していくことによって、病院の中央診療部門として質の高いデータを迅速に提供できる検査部を目指し努力しています。

また、多くのラボインディケータを経年的に公表する事で問題点を明らかにし、業務改善を図っています。どうぞ、ラボインディケータをご覧ください。

スタッフ

役職 氏名 専門領域 卒業年
部長 浦田 洋二 病理学 昭和54年
嘱託常勤医 河野 義雄 循環器内科 昭和51年
技師長 大西 重樹 臨床検査 昭和55年
課長 下村 恵子 血液検査 昭和56年
課長 小薗 治久 生理機能検査 昭和60年
課長 多氣 秀和 輸血検査 昭和60年
課長補佐 大嶋 文子 免疫・生化学検査 昭和55年

各検査室のご紹介

Ⅰ. 検体検査部門

  採血室、一般検査、生化学・免疫検査、血液検査、細菌検査、輸血検査、病理・細胞診検査から構成されています。各検査室の特徴を紹介します。

検査項目説明書~血液・尿検査でわかること~

生化学・免疫血清検査室

血液検査室

臨床検査精度管理係

  生化学、免疫血清、血液検査は搬送システムにより連携されたそれぞれの機械で測定を行うことで、効率よく検査を行い、迅速に結果を出せるようにしています。また、日本臨床検査技師会などの外部サーベランスに参加し、高い検査精度を維持するとともに、ISO15189の認定を受け更なる向上を目指し日々取り組んでいます。

  2017年2月からは、新規検査項目としてPOT法※を導入しました。

POT法:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の遺伝子型別を行うことでアウトブレイク時のより正確な指標として用いることができるため、院内感染対策に有用な検査です。

【生化学・免疫血清検査室】

患者様から採血を行った検体は遠心分離後、上清(血清)を用いて検査しています。

【血液検査室】

細菌検査室

  患者様の検体から感染症の原因菌を検出し、どの薬剤が治療に有効であるかを検査しています。
  薬剤耐性菌が検出された時には、速やかに医師、ICDに連絡し、院内感染に注意を払い、感染症から患者さんや職員を守る為、院内感染防止対策にICTの一員として貢献しています。

【検査風景】

輸血検査室

  輸血検査室では血液型検査や輸血検査、製剤の管理などを行い、当院での安全な輸血が行えるよう支援しています。また、末梢血幹細胞移植(PBSCT)のために採取された細胞の管理も行っています。

病理組織検査室・病理細胞診検査室

  臨床医から提出された手術組織や生検組織から、臨床検査技師が顕微鏡用標本を作製し病理医が診断します。通常はHE染色標本を作製しますが、近年は多種の抗体を用いる免疫染色を行い治療方針決定に重要な情報を提供しています。

採血室

  採血室は、患者さまへの安全性と心地良い接遇に心掛け、看護師と臨床検査技師で行っています。6台の採血台とともに様々な患者さまに対応すべく、小児用採血室および安静時採血ブースを併設して行っています。
  待合いには車いすスペースの他に、高齢者や足の不自由な患者さま、妊婦を対象とした優先席を設置しています。

  •  

  • 【採血風景】

  • 【車いすスペース】

  • 【優先席】

一般検査室

  一般検査で行っている尿検査や便検査は、患者さまに比較的負担を与えず簡単に採取でき、健康状態についても多くの情報をいち早く手に入れることができます。そのほか、患者さまより採取された髄液や胸腹水、関節液などの検査なども行っています。

Ⅱ. 生理部門

  生理検査室は大きく5部門に分かれており、腹部等超音波室、心肺機能検査室、心臓超音波室、脳波・筋電図検査室、耳鼻咽喉科外来に生体機能検査があります。
  予約検査から随時検査への移行を目標に、当日の至急超音波検査の実施などに力をいれています。またラボインディケータでもご覧いただけますが、専門資格の取得などスキルアップへの取り組みを充実させています。

検査を受けられる患者さまへのお願い・注意事項

腹部等超音波検査室

  腹部等超音波検査は、腹部超音波検査、造影超音波検査、乳腺超音波検査、甲状腺超音波検査、頸動脈超音波検査、関節超音波検査、体表超音波検査等を消化器センターの一角で行い、治療の補助等も含めて臨床と緊密な連携のもと5ブース体制で行っています。

  • 【腹部超音波検査】

  • 【頸動脈超音波検査】

  •  

  • 【ディスカッション風景】

心肺機能検査室

  心肺機能検査は、心電図検査、負荷心電図、ABI、ホルター心電図、トレッドミル検査、呼気ガス分析器付トレッドミル検査、肺機能検査、精密肺機能検査、SPP(皮膚灌流圧)検査、基礎代謝検査を行っています。ドックの検査も同一場所で実施していますが、患者さまの流れは全く分離する合理的な設計がされています。

  • 【心電図検査】

  • 【呼気ガス分析器付トレッドミル検査】

【肺機能検査】

心臓超音波検査室

  心臓超音波検査は、心臓超音波検査、経食道超音波、血管超音波検査(腹部大血管や腎動脈、四肢の動脈および静脈等)、また症例によっては3D解析も実施しています。検査結果を説明する個室(検査説明室)を検査室に隣接して設け、検査の合理的運用と患者のプライバシーの保護に力を入れています。

  • 【心臓超音波検査】

  • 【下肢静脈検査】

  • 【3D解析】

脳波検査室

  脳波・筋電図検査は、脳波検査、誘発電位検査、筋電図検査を行っています。また病棟に出向いての検査として脳波の他に、新生児聴覚スクリーニング検査(AABR)や睡眠時無呼吸検査も行っています。

  • 【脳波検査】

  • 【誘発電位検査】

生体機能検査室

  耳鼻科外来で医師、看護師と共にチーム医療を支える大きな力として、純音聴力検査、語音聴力検査、自記オージオ検査、耳鳴検査、遊戯聴力検査、ティンパノメトリー、耳小骨筋反射、DPOAE、平衡機能検査を行っています。

  • 【純音聴力検査】

検査部部内委員会

検査部内では各種委員会を設置し、すべての技師が検査部の運営に関与しています。

スタッフ会議

各種委員会での決定事項の承認や検査部の運営などを目的とした委員会で、係長以上の役職者で行われます。

品質管理委員会

検査部門の質の向上を目的とした委員会です。

文書管理事務局

検査部門での品質文書の管理を目的とした委員会です。

  1. 品質文書一覧表の登録または管理
  2. 検査部門共通の品質文書の周知、配布、旧版の回収
  3. 検査部門共通の品質文書の原本の管理
  4. 品質記録一覧表の原本の維持管理
文書改訂委員会

各手順書改訂に関わる委員会です。

  1. 委員会作成共通手順書、下位手順書など共通品質文書(各検査室作成分除く) が対象で締め切り日の決定
  2. 年1回の手順書見直しに対し別組織プロジェクトチームの編成、担当手順書の決定
  3. プロジェクトチームによる改訂に対し、委員による修正、品質管理会議への提示
  4. 年度途中改訂に対し必要な品質文書の改訂作業の確認、各検査室改訂作業遅延に対する啓蒙活動
ラボインディケータ委員会

検査部門を評価するための指標としてラボインディケータを設定し、定期的にレビューすることを目的とした委員会です。

  1. 潜在的問題が明らかになれば、根本原因の特定と防止策の提案を行います。
医療安全管理委員会

臨床検査部門の医療安全やインシデントに関連する事項を審議し、常に臨床検査の質と安全性の向上を目指す委員会です。

内部監査委員会
  1. 内部監査立案・実施
  2. 内部監査レベルを一定に保つための勉強会開催
  3. 内部監査長と委員によるミィーティング定期開催

監査後、問題点を洗い出し監査内容を指導することにより監査の質の向上を目指し、問題点の管理も行います。

研修委員会

検査部内外の教育、研修の立案・企画・実施、検査部関連情報発信を目的とした委員会です。

  1. 教育シート改訂
  2. 周知記録管理
  3. 研修会の準備
  4. 検査部ニュース発行
  5. 手順書に基づいた計画提出、研修等の実施の企画及び確認
事務局

ISO認定に関する部門です。

救護班への参加

赤十字病院では災害救護活動を円滑に行うことを目的とした救護班(医師1名、看護師3名、事務員2名)が組織され、常時派遣できる体制を整えています。
2017年4月より臨床検査技師2名がこの活動に参加しています。

検査部のご紹介まで戻る