診療科・部門のご紹介

コメディカル部門のご紹介

栄養課

日々の栄養管理は疾病の治療にとって重要な役割を担っています。栄養課では、患者さまお一人お一人に合わせた適切な栄養管理を、多職種と連携を取りながら行っています。

栄養管理

入院患者さまの栄養状態の管理は医師・看護師・管理栄養士等のスタッフが共同して実施しています。入院時に患者さまの栄養状態を評価し、栄養管理計画を作成します。栄養状態に応じて1週間または2週間ごとに計画の見直しを行います。
栄養状態が不良の場合は、医師・看護師・薬剤師とともに適宜栄養カンファレンスを開催し、栄養管理計画が適切かどうかを検討します。

NST(栄養サポートチーム)

栄養状態の改善が困難な症例はNST(栄養サポートチーム)*1で検討しています。 毎週月曜日〜金曜日にカンファレンス・回診を実施、摂食嚥下障害患者さまについては、毎週木曜日にカンファレンスを実施し、それぞれ栄養治療実施計画の作成と患者さまに文書で栄養治療の説明を行います。

栄養食事指導

個別栄養食事指導(外来・入院)

  • 予約制(月〜金曜日)
  • 入院時クリニカルパスに組み込まれた個別栄養食事指導(随時)*2
    ※指導内容は、対象の方に合わせた資料を用いて、わかりやすい内容にしています。

集団栄養指導(入院)

  • 5日間の糖尿病教室(月曜〜金曜)年20回開催
    プログラムは下記のとおり*3
    ※特に、実物大の料理カードを使ったカードバイキングは、わかりやすいと患者さまに好評です。
  • 週末教育入院(金曜〜日曜)年10回開催予定(栄養指導は毎回1回講義形式で実施)
    ※腎症合併の場合は個別指導をおすすめしています。
*1 NST(栄養サポートチーム)
医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・言語聴覚士などのスタッフで構成される。
*2 栄養指導が組まれたクリニカルパス一覧
糖尿病・内分泌内科 5日間糖尿病教育入院、3日間糖尿病週末教育入院
消化器内科 胃・食道粘膜切除術
循環器内科 心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術、経皮的動脈形成術、急性心筋梗塞、心不全
呼吸器内科 市中肺炎(糖尿病・高血圧合併)
腎臓内科・腎不全科 慢性腎臓病教育入院
外科 胃切除術
心臓血管外科 閉塞性動脈硬化症、腹部大動脈瘤
*3 糖尿病教室(5日間)プログラム
  午前10:30〜11:30 午後1:30〜2:30
  糖尿病とはどんな病気か(内科医師)
疫学、原因、症状、治療など総論
食事療法って何をするの?(栄養士) 糖尿病の合併症眼(眼科医師)
楽しく元気にウォーキング♪(看護師)
1日にどれだけ食べたらいいの?(栄養士) 糖尿病のくすりのはなし(薬剤師)
口腔衛生:歯に対する注意(歯科医師)
歯ブラシ・手鏡を持参してください
外食との上手な付き合い方(栄養士) 合併症の予防について(内科医師)
みんなで楽しくカードバイキング!(栄養士) まとめ:増え続ける糖尿病を考える(内科医師)

選択食

常食、分娩食、高エネルギー食の方を対象に、年末年始を除く毎週水・木・金曜日の夕食献立(メイン料理)を2種類から選択していただいています。

お祝い膳

出産された方へのお祝いといたしまして、入院中に1回「お祝い膳」をお出ししています。
お料理の内容は、牛フィレステーキやシーフードサラダ等、毎回調理師が腕をふるいます。

行事食

行事に合わせた食事を毎回考案してお出ししています。(例:節分・こどもの日(小児病棟)・七夕まつり等)

  • 節分

  • こどもの日

  • 七夕まつり