診療科・部門のご紹介

診療科・医師のご紹介

眼科

手術的治療に際しては糖尿病・透析・心疾患管理など、いかなる全身合併症にたいしても十分な全身管理のもとで安全に手術を受けていただけるのが大きな特徴および利点です。

スタッフ

池部 均
役職 部長
氏名 池部 均
卒業年 昭和55年
専門領域 眼科疾患全般、特に未熟児網膜症
認定医・専門等資格名 日本眼科学会眼科専門医
京都府立医科大学臨床教授
コメント 昭和55年京都府立医科大学卒業です。専門分野以外の眼科領域も全てひと通りこなせるというのがウリでしょうか? 当院のあり方にも相性よろしいようで、ただいま最長赴任自己記録を更新中です。仕事は内容きびしくかつ柔軟に、その環境は風通し良く、そして人には優しくありたいと思っています。
役職 副部長
氏名 梶原 小有里
卒業年 平成9年
専門領域 眼科疾患全般、特に眼瞼疾患
認定医・専門等資格名 日本眼科学会眼科専門医
後藤 周
役職 医師
氏名 後藤 周
卒業年 平成20年
専門領域 眼科疾患全般
水野 暢人
役職 専攻医
氏名 水野 暢人
卒業年 平成26年
中村 佳子
役職 非常勤
氏名 中村 佳子
卒業年 昭和54年
専門領域 斜視
認定医・専門等資格名 日本眼科学会眼科専門医

診察担当表

一診 梶原 池部 池部 池部 梶原
ニ診 後藤 後藤 梶原 水野 後藤
特殊

外来

池部
(未熟児)
中村
(斜視)
梶原
(コンタクト)

診療方針

  1. 患者さまを中心とした考え方・治療方法を基本姿勢とします。
  2. 眼科領域の最新の知識・技術を積極的に取り込み、的確な診断・安全で効果的な治療の提供に努めます。
  3. 患者さまへ病状をわかりやすく説明し、治療方針を理解していただき、その方法を共に相談するよう努めます。
  4. 手術前後の経過はクリニカルパスを用いて説明・管理し、患者さま自身による治療への参加・医療の質の向上に努めます。

診療実績

主な手術症例数(平成26年1月〜12月)
手術名 症例数
白内障手術 717
緑内障手術 2
斜視手術 8
眼瞼・涙器手術、その他 38

全手術症例数 765例(レーザー治療など外来手術を除く)

患者さまへ

当院の眼科では、ほとんどすべての眼科疾患に対応し手術的な・内科的な治療を行っています。そのために最新の眼科医療機器ならびに設備を備えています。さらに各科との連携が密で完全な協力が得られるため、内科的治療のための的確な診断の助けとなり、さらに手術的治療に際しては糖尿病・透析・心疾患管理など、いかなる全身合併症にたいしても十分な全身管理のもとで安全に手術を受けていただけるのが大きな特徴および利点です。

当科の手術内容は多岐にわたります。白内障手術が最も多く、基本的な術式はアクリルプリセットIOLシステムを用いた小切開無縫合手術で、感染予防および早期の視機能改善・社会復帰を目指しています。入退院(日帰り手術にも対応)・手術日は患者さまの希望にあわせ相談します。そして手術前後の経過はクリニカルパスを用いて説明・管理し、患者さま自身による治療への参加・医療の質の向上に努めています。網膜硝子体手術は京都府立医科大学網膜外来と連携をはかっています。

新生児・小児の特殊外来として斜視弱視・未熟児網膜症外来を設けています。総合周産期母子医療センターへの超低出生体重児の搬送が多く、必要時にはレーザー網膜光凝固や網膜復位術を施行し未熟児網膜症による失明の防止に努めています。

連携病院・開業医の先生方へ

「風通しよく、そして柔軟に」をモットーに、患者さま中心の診療で地域医療に貢献し、皆様のお役に立てればと思っています。ご支援・ご指導のほどよろしくお願いいたします。