診療科・部門のご紹介

診療科・医師のご紹介

外科

手術の合理化をはかり縮小手術として腹腔鏡手術を積極的に実施しています。

スタッフ

塩飽 保博
役職 部長(消化器外科・副院長)
氏名 塩飽 保博
卒業年 昭和58年
専門領域 消化器外科、胸部外科
認定医・専門等資格名 日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本胸部外科学会認定医、消化器がん外科治療認定医、京都府立医科大学臨床教授、京都外科医会理事
コメント 1983年京都府立医科大学卒業。専門領域は消化器外科全般ですが、特に消化器癌、食道疾患、炎症性腸疾患を手がけています。
谷口 史洋
役職 部長(肝臓・膵臓外科)
氏名 谷口 史洋
卒業年 昭和63年
専門領域 消化器外科、肝胆膵外科、化学療法
認定医・専門等資格名 日本外科学会指導医・専門医、
日本消化器外科学会指導医・専門医、
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、
日本肝胆膵外科学会評議員、
日本臨床腫瘍学会暫定指導医、
日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医、
消化器がん外科治療認定医、
救急科専門医
コメント 昭和63年、京都府立医科大学卒業。消化器外科学教室入局。一般消化器外科を専門としていますが、特に肝・胆・膵疾患中心に担当しています。消化器内科、放射線科とカンファレンスを密に行い、病態に応じたきめ細やかな治療法を検討しています。
池田 純
役職 副部長
氏名 池田 純
卒業年 平成5年
専門領域 消化器外科、腹腔鏡手術、救急
認定医・専門等資格名 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医
日本消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本救急医学会救急専門医
コメント 患者さまへのなるべく分かりやすい医療を実践することが大切と考えています。そのため特に手術前には納得して受けていただく事ができるよう十分に説明することを心掛けています。また、他科との連携や医療スタッフとのチームワークも欠かすことのないように気を付けています。
下村 克己
役職 副部長
氏名 下村 克己
卒業年 平成7年
専門領域 消化器外科、肝胆膵外科、 災害医学
認定医・専門等資格名 日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本救急医学会専門医、日本がん治療認定医、日本消化器がん外科治療認定医
コメント 平成7年京都府立医科大学卒業。京都府立医科大学付属病院、京都第一赤十字病院、国立舞鶴病院、京都府立医科大学大学院、京都第二赤十字病院を経て、平成22年4月より現職。現在、肝臓膵臓を専門としつつ救急外来と研修医、修練医指導を担当しています。患者さまの満足を第一に考えた医療を目指しています。
井村 健一郎
役職 医長
氏名 井村 健一郎
卒業年 平成7年
専門領域 消化器外科
認定医・専門等資格名 日本外科学会専門医、癌治療認定医
熊野 達也
役職 医長
氏名 熊野 達也
卒業年 平成13年
専門領域 消化器外科
認定医・専門等資格名 日本外科学会専門医
小松 周平
役職 医師
氏名 小松 周平
卒業年 平成11年
専門領域 消化器外科、上部消化管外科、内視鏡外科
認定医・専門等資格名 医学博士
日本消化器外科学会(専門医、指導医、評議員)
日本食道学会(食道科認定医、評議員)
日本胃癌学会(代議員)
日本外科学会(専門医)
米国外科学会専門医(FACS)
日本消化器がん外科治療認定医
日本静脈経腸栄養学会(TNT研修終了資格)
日本内視鏡外科学会技術認定医(2012年 胃)
Certificate of daVinci console surgeon
京都府立医科大学消化器外科講師(特任)
コメント 主に食道、胃外科を専門としています。内視鏡、腹腔鏡を取り入れ安全で質の高い手術を心掛けています。また、進行癌であっても化学療法を併用した集学的治療を行っています。予後改善のための化学療法、術後QOL向上のための栄養面のサポートも積極的に行っています。
田中 幸恵
役職 医師
氏名 田中 幸恵
卒業年 平成20年
古家 裕貴
役職 専攻医
氏名 古家 裕貴
卒業年 平成26年

診察担当表

一診 高階 塩飽 (新患) 谷口(肝胆膵) 塩飽 (新患)
ニ診 下村 池田 (純) 田中
(午前診のみ)
小松
三診  井村 熊野 池田

診療方針

  1. 患者さまの病状、病態と手術、放射線治療、化学療法、緩和治療など各種治療方法について、ご家族を含め充分な説明をし、十分なインフォームドコンセントが得られた上で治療法や手術の術式を選択していきます。
  2. 検査はできるだけ外来で行い、入院期間を短くするようにしております。
  3. 腹腔鏡を用いた低侵襲手術から標準手術、拡大手術まで、最新のエビデンスに基づき患者さまの状態に応じた最適な手術を行っております。
  4. 手術前後の経過は、できるだけクリニカルパスを用いて計画的に管理するようにしております。
  5. 各症例の診断、治療については、医局員による毎日のカンファレンスで検討し、最適な検査、治療を行っております。

診療実績

臓器別手術件数(2010-2015年)

右にスライドしてください→

疾患名 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
胃切除 101(6) 87(8) 99(8) 90(30) 85(30) 101(47)
結腸切除 124(35) 129(36) 98(30) 116(50) 108(44) 109(51)
直腸切除 38(6) 48(5) 41(9) 27(5) 42(13) 42(19)
食道切除 12 10 8 14 8 9(4)
肝切除 19 31 35 34 30(2) 36(6)
膵切除 15 18 32 28 23(3) 30(4)

※( )は腹腔鏡下手術

臓器別手術件数(2010-2015年)

外科手術件数(2010-2015年)

右にスライドしてください→

外科手術件数
(2010-2015年)
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
症例数 732 735 731 742 724 774
外科手術件数(2010-2015年)

より詳しい治療方法の説明

連携病院・開業医の先生方へ

当院の外科は、以前から消化器外科全般に対し診療を行っておりましたが、近年の専門医による診療の細分化に伴い、4月から外科を消化器外科と名称を変更し、新たに肝臓・膵臓外科を設け診療にあたることとなりました。従来通り全体の業務は一緒に行い、手術後はご紹介いただいた機関と連携して患者さまをフォローさせていただきます。急性腹症などの救急疾患に関しても、救命センターとタイアップして24時間対応するようにしております。外来へのご紹介につきましては、地域医療連携室のFAX予約システムが便利ですのでぜひともご利用ください。