診療科・部門のご紹介

診療科・医師のご紹介

耳鼻咽喉科

神経耳科学的検査やABRを用いた他覚聴力検査、補聴器フィッティング、頸部超音波検査も予約診療の中で実施しておりますのでお気軽にご相談ください。

スタッフ

髙木 伸夫
役職 部長
氏名 髙木 伸夫
卒業年 平成元年
専門領域 頭頸部外科・アレルギー、鼻科一般
認定医・専門等資格名 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医、日本耳鼻咽喉科補聴器相談医、京都府立医科大学臨床教授
コメント 平成14年9月より当院耳鼻咽喉科に勤務させて頂いております。鼻科・頭頸部腫瘍を中心に日常診療をさせて頂いております。耳鼻咽喉科領域においてはアレルギー疾患の増加、高齢人口の増加にともない頭頸部悪性疾患も増加しており、また21世紀は"脳の時代"あるいは"感覚器の時代"ともいわれており、味覚、嗅覚、耳鳴り、難聴、めまい、咽喉頭異常感症などの疾患に対する対応も重要であることと考えております。我々も外来診察および手術治療のより一層の向上をめざして対応していきたいと考えています。
山本 聡
役職 副部長
氏名 山本 聡
卒業年 平成6年
専門領域 側頭骨外科学、 神経耳科学
認定医・専門等資格名 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医、
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
為野 仁輔
役職 医長
氏名 為野 仁輔
卒業年 平成14年
認定医・専門等資格名 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医
大村 学
役職 医長
氏名 大村 学
卒業年 平成18年
認定医・専門等資格名 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本がん治療認定医
末松 真弓
役職 医師
氏名 末松 真弓
卒業年 平成22年
立本 圭吾
役職 非常勤
氏名 立本 圭吾
卒業年 昭和57年
認定医・専門等資格名 日本耳鼻咽喉科学会、耳鼻咽喉科専門医
廣田 隆一
役職 非常勤
氏名 廣田 隆一
卒業年 平成7年
認定医・専門等資格名 日本耳鼻咽喉科学会、耳鼻咽喉科専門医、日本気管食道科学会認定、気管食道科専門医、日本リハビリテーション医学会認定、臨床認定医
池淵 嘉一郎
役職 非常勤
氏名 池淵 嘉一郎
卒業年 平成12年
認定医・専門等資格名 日本耳鼻咽喉科学会、耳鼻咽喉科専門医、日本がん治療認定医
高田 剛資
役職 非常勤
氏名 高田 剛資
卒業年 平成14年
認定医・専門等資格名 日本耳鼻咽喉科学会、耳鼻咽喉科専門医
松岡 秀和
役職 非常勤
氏名 松岡 秀和
卒業年 平成26年

診察担当表

午前 髙木
大村
末松
担当医
山本
末松
大学医員
山本
大村
為野
担当医
髙木/大村

(隔週)
担当医

髙木
山本

担当医

午後

(特殊

外来)

為野

(cancer clinic)

山本

(難聴眩暈外来)

為野(腫瘍外来)

診療方針

当科の年間手術症例数は752件で全国トップレベルにあります。聴覚改善を目的とした鼓室形成術や副鼻腔炎に対する鼻内内視鏡手術、音声機能改善手術または再建を要する頭頸部腫瘍手術などの最新医療のみならず急性扁桃炎や中耳炎といった日常一般診療や急性感音難聴やその他の救急疾患においても病診連携の下、患者ニーズに即した実践医療を行っています。

診療実績

主な手術症例数(平成24年度)件
疾患名
鼓室形成術・鼓膜形成術 98
副鼻腔手術 107
鼻中隔矯正・鼻甲介切除 93
扁桃摘出術・アデノイド切除術 117
喉頭微細術 44
甲状腺手術 33
唾液腺手術 32
疾患名
頸部郭清術 20
気管切開術 23
舌の手術 11
アブミ骨手術 4
咽頭の手術 12
耳瘻孔摘出 9
その他 181

年間手術件数 864例(外来手術は除く)

患者さまへ

最先端医療から耳垢掃除に至るまで、あらゆる疾患に対応して患者の視点に立った、生活の質(QOL)を高めるための医療を実践します。特に入院治療におきましては、クリニカルパス(入院治療計画表)を用いて、治療内容・治療期日・治療費等を明文化し、納得していただきやすい治療を行っています。また、外来診療におきましては質の高い医療を効率的に提供できるようにするためには掛かりつけ医からのご紹介やセカンドオピニオン(助言)を求めての診察が中心となります。また、再診は期日と時間帯を設定した予約制ですが、懇切丁寧な診療を心掛けていますので、少々お待ちいただくことをご容赦いただくことがございます。

連携病院・開業医の先生方へ

スタッフ全員が耳鼻咽喉科専門医で、難聴・眩暈・頭頸部腫瘍・音声障害・アレルギーなどの各分野のスペシャリストを適所に配置した陣容となっています。大病院特有の対応の鈍さを排除し、敏捷なフットワークで即座にあらゆる疾患に対応することをモットーに、紹介・逆紹介を含め医療連携を最優先に地域医療への貢献を心掛けています。入院・手術におきましては、希望に即して予め期日を決定し、入院期間も極力短縮するよう努力することで、社会生活への支障が最小限となるよう患者の視点に立った対応を心掛けています。

当科の課題は、外来患者数の増加とそれに伴う待ち時間の延長です。そこで、紹介患者さまの診察待ち時間を短縮する目的で、ファックス予約制度(予約センター)を推進しておりますので、是非ともご利用ください。