診療科・部門のご紹介

診療科・医師のご紹介

救急科

「皆様あっての救急科」をキャッチフレーズに、病院の顔としての救命救急センター運営を担当する集団です。

スタッフ

池田 栄人
役職 救命救急センター長
氏名 池田 栄人
卒業年 昭和53年
専門領域 救急医学、消化器外科
認定医・専門等資格名 消化器外科学会指導医、救急科専門医、外科指導医
髙階 謙一郎
役職 救命救急センター 副センター長
氏名 髙階 謙一郎
卒業年 昭和60年
専門領域 救急医学、一般外科、消化器外科
認定医・専門等資格名 日本救急医学会救急科専門医
日本外科学会外科専門医
日本救急医学会ICLSディレクター
JATECインストラクター
JPTEC近畿副代表
MCLS管理世話人
日本DMATインストラクター
統括DMAT
NDLSインストラクター
京都府災害医療コーディネーター
日本赤十字社災害医療コーディネーター
コメント 京都府全体における救急医療体制の発展や災害時の医療体制構築に積極的取り組みたいと考えています。
竹上 徹郎
役職 部長
氏名 竹上 徹郎
卒業年 平成6年
専門領域 救急医学、脳神経外科救急治療、脳神経血管内治療、小児脳神経外科
認定医・専門等資格名 日本救急医学会救急科専門医
日本脳神経外科学会指導医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本救急医学会ICLSディレクター
JATECインストラクター
JPTECインストラクター
MCLS世話人
日本DMATインストラクター
統括DMAT
PNLSインストラクター、
PCEC/PSLSコースコーディネーター
京都府災害医療コーディネーター
日本集団災害医学会セミナー委員
コメント 救急医療はチームワークです。全診療科の力を合わせた総合力で救急・重症患者さんの治療にあたります。
安 炳文
役職 副部長
氏名 安 炳文
卒業年 平成10年
専門領域 救急医学、小児救急医療、小児科全般
認定医・専門等資格名 日本救急医学会救急科専門医
日本小児科学会専門医
香村 安健
役職 医長
氏名 香村 安健
卒業年 平成15年
専門領域 救急医学、集中治療
認定医・専門等資格名 日本救急医学会救急科専門医
日本救急医学会ICLSディレクター
JATECインストラクター
統括DMAT
日本集団災害医学会セミナーインストラクター
的場 裕恵
役職 医長
氏名 的場 裕恵
卒業年 平成17年
専門領域 救急医学、整形外科全般
認定医・専門等資格名 日本救急医学会救急科専門医
JATECインストラクター
JPTECインストラクター
赤十字国際救援要員
コメント 救急室へ来られる患者さまに安心して帰宅していただけるような診療を心がけています。
六車 耕平
役職 医師
氏名 六車 耕平
卒業年 平成19年
専門領域 救急医学、循環器科
認定医・専門等資格名 日本救急医学会救急科専門医
榎原 巨樹
役職 医師
氏名 榎原 巨樹
卒業年 平成22年
専門領域 救急医学、血管内治療
認定医・専門等資格名 日本救急医学会救急科専門医
箕輪 啓太
役職 医師
氏名 箕輪 啓太
卒業年 平成22年
専門領域 救急医学、外科
認定医・専門等資格名 日本外科学会外科専門医
JATECインストラクター
役職 医師
氏名 傳 和眞
卒業年 平成23年
専門領域 臨床神経学全般、 神経救急医療、 脳梗塞急性期管理
役職 専攻医
氏名 荒井 美香
卒業年 平成26年
専門領域 救急医学、 麻酔科
八幡 宥徳
役職 専攻医
氏名 八幡 宥徳
卒業年 平成27年
松室 祐美
役職 専攻医
氏名 松室 祐美
卒業年 平成27年
太田 凡
役職 非常勤
氏名 太田 凡
卒業年 昭和63年
役職 非常勤
氏名 山畑 佳篤
卒業年 平成5年
役職 非常勤
氏名 加藤 陽一
卒業年 平成14年
入江 仁
役職 非常勤
氏名 入江 仁
卒業年 平成17年

診察担当表

午前 傳・八幡 竹上 高階 的場 箕輪
午後 荒井 榎原 香村 下村・松室

診療方針

京都府内に6箇所設置されている救命救急センターの機能を十分に維持しながら地元の一般救急にも対応しております。ERでは初期診療から各科の専門医と連携しシームレスな初期診療を実践しています。救命救急センター病棟の管理と救急科入院患者(重症多発外傷・重症熱傷・薬物中毒等)の対応にあたっています。また、研修医教育だけでなく救命士研修・学生実習も多く担当し、多岐にわたる豊富な症例数に基づいたon the job trainingだけでなくJPTEC・ICLS・JATEC・PCEC/PSLS・MCLS・BDLSコースの開催実績をもとにon the job trainingにも積極的に取り組んでいます。

救命救急センターのページへ

診療実績

年間主な重篤患者数(平成27年4月~平成28年3月)

救急車受入台数7,527台(うちヘリコプター68機)

番号 疾病名 基準 患者数 ※
1 病院外心停止 病院前心拍再開例、外来での死亡確認例を含む 136
2 重症急性冠症候群 切迫心筋梗塞、急性心筋梗塞又は緊急冠動脈カテーテル施行例 144
3 重症大動脈疾患 急性大動脈解離又は大動脈瘤破裂 38
4 重症脳血管障害 来院時JCS100以上、開頭術、血管内手術施行例又はtPA療法施行例 129
5 重症外傷 MaxAISが3以上又は緊急手術施行例 420
6 重症熱傷 Artzの基準による 19
7 重症急性中毒 来院時JCS100以上又は血液浄化法施行例 14
8 重症消化管出血 緊急内視鏡施行例 108
9 重症敗血症 感染性SIRSで臓器不全、組織低灌流又は低血圧を呈する例 36
10 その他重症のもの 83
合計 1,127

*一つの症例で複数の項目に該当する場合は、最も適切なもの一つのみを選択する。

(年間受入患者数 20,932人)

右にスライドしてください→

連携病院・開業医の先生方へ

京都市内だけでなく府内の3次救急に対応できるように病診専用ホットラインを設置し24時間365日対応しています。

医療機器導入について

X線撮影診断装置の導入について
(平成27年度日本損害保険協会補助事業[1]

一般社団法人日本損害保険協会寄附金により「X線撮影診断装置」を平成27年8月に更新しました。
今回の機器は、撮影後わずか3秒で参照画像を表示でき、救急処置などの際、次の処置に必要な情報がすぐに得られ迅速な処置が可能となり、今後更に見込まれる救急患者の受入を可能にするものです。

(機器写真:X線撮影診断装置)

血液ガス分析装置・超音波診断装置・人工呼吸器・患者監視装置の導入について
(平成23年度日本損害保険協会補助事業[1]

平成23年度日本損害保険協会寄附金により血液ガス分析装置・超音波診断装置・人工呼吸器・患者監視装置を導入しました。
今回の機器導入は、救命救急センターの充実を図り、作業効率の向上により今後更に見込まれる救急患者の受入を可能にするものです。

血液ガス分析装置

超音波診断装置

人工呼吸器

患者監視装置

[1]日本損害保険協会補助事業の概要

交通災害等救急医療体制の整備強化を促進するため、(社)日本損害保険協会による自動車損害賠償責任保険運用益からの指定寄附金を財源として、交通災害等救急医療部門の設備を整備し、救急医療体制の更なる充実強化を図ることを目的とした事業です。