診療科・部門のご紹介

診療科・医師のご紹介

リウマチ内科

当科は関節リウマチ、膠原病など免疫関連の内科疾患の診療を担当します。

スタッフ

福田 亙
役職 リウマチ内科部長 (副院長) (リウマチ ・ 膠原病センター長)
氏名 福田 亙
卒業年 昭和58年
専門領域 リウマチ、膠原病、総合内科
認定医・専門等資格名 日本内科学会認定医、指導医、日本リウマチ学会専門医、指導医、評議員、リウマチ財団登録医、京都府立医科大学臨床教授、日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医
コメント 京都府立医科大学リウマチ・膠原病内科客員講師。1983年宮崎医科大学卒業、専門領域はリウマチ・膠原病内科。ただし、血液内科・理学療法科や地域医療などの多彩な診療経験を生かし、全身疾患としての生活習慣病や原因不明の発熱など内科全般に対する診療にもあたっています。当科が京都府南部のリウマチ・膠原病診療施設の中核として発展し、患者さまの支えとなれるよう力を尽くします
尾本 篤志
役職 総合内科 部長
氏名 尾本 篤志
卒業年 平成8年
専門領域 リウマチ、膠原病、総合内科
認定医・専門等資格名 日本内科学会総合内科専門医、認定内科医、指導医リウマチ学会専門医、リウマチ財団登録医、
日本プライマリケア学会認定医、指導医
京都府立医科大学臨床講師
コメント 平成18年4月より当院に赴任してまいりました。主にリウマチ、膠原病といった、自己免疫性疾患を中心に臨床を行なっております。昨今の関節リウマチに対する治療は、まさに画期的治療の幕開けと言えます。現在用いられている抗リウマチ薬に加え、キメラ型抗TNFα抗体、可溶性TNFαレセプターを用いた治療が可能となり、これまで難治性といわれた関節リウマチが十分にコントロールできる時代へと変化しているのが実感できます。他の膠原病においても、診断能力の向上、様々な免疫抑制療法の併用、副作用のコントロール等により以前に比べ予後は格段に改善しています。ただし、いずれの疾患におきましても臨床で最も重要なのは医療従事者と患者さまとの信頼関係だと思っております。リウマチ、膠原病はいずれも慢性疾患であり、長期間にわたる治療の継続が原則となります。できるだけ患者さまから信頼を得られ、十分満足いただける医療を提供できるように頑張っていくつもりです。
役職 副部長
氏名 角谷 昌俊
卒業年 平成13年
専門領域 リウマチ・膠原病 呼吸器
認定医・専門等資格名 日本内科学会総合内科専門医、認定内科医、
日本リウマチ学会専門医
大村 知史
役職 専攻医
氏名 大村 知史
卒業年 平成26年
柳田 拓也
役職 専攻医
氏名 柳田 拓也
卒業年 平成27年

診察担当表

一診⑧(予約)  尾本 角谷 尾本 福田 角谷
二診⑨ 大村 福田 角谷 尾本 大村

診療方針

当科は、免疫異常によって関節や内臓の障害がおこる関節リウマチ・膠原病など、慢性の難治性内科疾患を対象とした診療を行います。そのため、以下の3点を特に重視しています。

  • 患者さまとのコミュニケーションを大切にし、長く良好な信頼関係を築けるよう努力します。
  • 近隣の医療機関との緊密な医療連携を進め、患者さまの状態や生活環境に応じて継続しやすい治療環境を提供します。
  • 進歩する医療技術や薬剤を用いた最先端の医療を、必要な患者さまに、安全に行えるよう研修・環境整備を行います。

診療実績

2014年12月時点で、関節リウマチを含む膠原病またはその類縁疾患の当科通院患者数は1,393名(当院リウマチ性疾患データベース)で、そのうち関節リウマチが889名おられます。その他の膠原病の患者数を含めた内訳は表1のとおりで、専門医3名と専攻医1名で外来・入院治療を行っています。関節リウマチに対する生物学的製剤の導入ものべ425人となり(図1)、90%に達する高い有効率と32%の臨床的寛解率を達成しています。また、リウマチ・膠原病治療では感染症・薬剤の副作用など、治療開始後の管理が非常に重要です。当科では

  1. リウマチ・膠原病センターとして整形外科、呼吸器内科、皮膚科、腎臓内科、リハビリテーション科の各専門医と協力し、総合的に質の高い診療にあたります。
  2. 「リウマチ教室」「膠原病教室」や「市民公開講座」などを、積極的に開催し、患者さまに疾患や治療を理解していただけるよう、努力しています。
  3. 近隣の医療機関と積極的な医療連携を行い、ご紹介いただいた患者さまの入院治療などについて質の高い医療の提供を目指しています。
【表1】膠原病・リウマチ外来疾患別通院患者数(2014年12月)
病名 患者数
関節リウマチ 889
全身性エリテマトーデス 104
強皮症 129
リウマチ性多発筋痛症 59
シェーグレン症候群 91
血管炎症候群(ANCA関連) 67(45)
脊椎関節症*1 35
多発筋炎/皮膚筋炎 33
混合性結合織病 20
IgG4関連疾患 10
ベーチェット病 15
成人発症スチル病 8
その他 69

*1 強直性脊椎炎・乾癬性関節炎などを含む

【図1】生物学的製剤導入・継続患者数(2004年6月―2013年4月)

診療情報 -患者さま向け-

当院では、リウマチ・膠原病センターとして、複数の診療科が協力してリウマチ・膠原病の診療にあたります。関節リウマチの治療においては、薬の処方や日常の検査は当科が担当します。治療の進歩により、薬物療法を主とするリウマチ内科と手術療法を行うリウマチ外科(整形外科)が連携して診療にあたるのです。内臓合併症や薬の副作用にも配慮しつつ、「関節を守るために」抗リウマチ薬を基本に、生物学的製剤・低分子分子標的薬による治療(レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、シムジア、ゼルヤンツ)などの新しい治療にも積極的に取組んでいます。関節リウマチや膠原病は、「難病」「不治の病」といわれがちですが、薬物治療の進歩した現在では、多くの患者さまにおいて病気をコントロールできるようになり、ほぼ症状のなくなった状態=『寛解』に至ることも珍しくありません。いっぽうで、患者さまの高齢化に伴い合併症の増加や機能障害の悪化など新たな問題も生じており、当センターではそれらの問題にも積極的に取り組んでいます。

当院「リウマチ・膠原病センター」では定期的に、患者さまに向けて「リウマチ教室」「膠原病教室」を開催しています。当院通院中でなくても参加していただけますので、気軽に参加してください(問い合わせは地域医療連携室まで)。

  1. 膠原病とは
  2. 膠原病の症状と診断
  3. 膠原病の治療
  4. 膠原病の予後
  5. 膠原病と言われたあなたへのアドバイス
  6. 関節リウマチ治療の最近の動向
  7. 関節リウマチの薬…抗リウマチ薬
  8. 生物学的製剤の登場
  9. 今後の課題と患者さまへのメッセージ

診療情報 -連携医療機関向け-

関節リウマチ治療はこの十数年で大きく進歩し、治療成績は向上しました。しかし、MTXを代表とする抗リウマチ薬は、効果発現が遅い上にHBV再活性化を含む日和見感染症などの副作用が多く、扱いにくい薬とされています。コントロール不良例での抗リウマチ薬の調整や生物学的製剤(図1、表1)の導入、機能障害例における外科治療や薬剤による合併症への対応など、当院はすべてができる京都市南部の基幹病院として近隣の先生方との連携を目指していきます。

RA以外の膠原病では、特にステロイド大量療法や免疫抑制剤が必要な重症例(SLE、皮膚筋炎、血管炎症候群など)をご紹介いただくことが増えてきました。整形外科、皮膚科、腎臓内科、呼吸器内科、リハビリテーション科などの協力を得て、リウマチ・膠原病センターとして治療成績の向上を目指しています。また、挙児希望があり薬剤選択の難しい患者さまやハイリスク妊娠が予想される患者さまに関しても周産期母子医療センターとの院内連携により、しっかりと妊娠・分娩管理のできる診療体制を作っています。