診療科・部門のご紹介

診療科・医師のご紹介

産婦人科

当院は、京都府総合周産期母子医療センターや地域がん診療連携拠点病院としての役割を担っており、周産期や婦人科腫瘍、婦人科疾患全般において高度な医療を提供する体制を整えています。

スタッフ

大久保 智治
役職 部長
氏名 大久保 智治
卒業年 平成3年
専門領域 婦人科内視鏡手術、周産期医療、婦人科悪性腫瘍
認定医・専門等資格名 京都府立医科大学大学院臨床教授・客員講師、日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)、日本性感染症学会認定医、母体保護法指定医師、日本女性医学学会評議員、日本生殖内分泌学会評議員、日本産科婦人科内視鏡学会社員、臨床研修指導医、新生児蘇生法「専門」コースインストラクター、日本産科婦人科学会暫定指導医、女性ヘルスケア暫定指導医、日本周産期・新生児学会暫定指導医、京都産婦人科医会理事、京都母性衛生学会理事
コメント 平成3年、京都府立医科大学卒。京都府立医科大学附属病院、市立福知山市民病院、社会保険京都病院、Beckman Research Institute of the City of Hope, CA, U.S.A.、京都府立医科大学助手、愛生会山科病院産婦人科部長、京都府立医科大学大学院女性生涯医科学 講師を経て2012年7月より当院産婦人科部長に着任しました。京都府総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院としての役割を果たし、さらに前進していきたいと考えております。あいさつを欠かさない診療を心がけています。よろしくお願いします。
安尾 忠浩
役職 副部長
氏名 安尾 忠浩
卒業年 平成12年
認定医・専門等資格名 医学博士
日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)
母体保護法指定医師
新生児蘇生法「専門」コース修了認定
京都府立医科大学大学院女性生涯医科学客員講師
臨床研修指導医
医療系大学間共用試験(OSCE)実施評価機構認定評価者
コメント 平成12年に京都府立医科大学卒業。京都府立医科大学大学院を修了し京都府立医科大学産婦人科学内講師を経て、平成29年4月より産婦人科副部長に着任しました。大学では、出生前診断を含む胎児超音波や様々な母体合併症の分娩管理、「妊娠と薬外来」責任者として8年間周産期診療を行っていました。研修医時にお世話になっていた病院であり、総合周産期母子医療センターでの勤務は気が引き締まる思いです。よりよい医療を提供できるよう邁進してまいりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。
冨田 純子
役職 医長
氏名 冨田 純子
卒業年 平成13年
専門領域 周産期医療、 婦人科内視鏡手術
認定医・専門等資格名 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
臨床研修指導医
緩和ケア研修会終了
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)
コメント 少子化高齢化が進む社会で、産婦人科医としてどのような形で少しでもお役に立てるかを考えるこの頃です。 胎児スクリーニングを含めた周産期管理、高齢化社会で需要が増えると思われる骨盤臓器脱手術、低侵襲で美容的な面でも優れた腹腔鏡下手術を中心に幅広く勉強していきたいと思っております。宜しくお願い致します。
松本 真理子
役職 医長
氏名 松本 真理子
卒業年 平成15年
専門領域 周産期医療、遺伝カウンセリング
認定医・専門等資格名 日本産科婦人科学会産婦人科専門医、
臨床遺伝専門医、
母体保護法指定医師、
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
コメント 周産期を学びたくて、2014年4月より京都府総合周産期母子医療センターである第一日赤に赴任しました。
臨床遺伝専門医の知識をいかして出生前カウンセリング等に力をいれていきたいと思っています。
山口 菜津子
役職 医師
氏名 山口 菜津子
卒業年 平成19年
専門領域 産婦人科全般
認定医・専門等資格名 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
新生児蘇生法「専門」コース終了  
母体保護法指定医師
コメント 周産期専門医の取得を目標に頑張っています。妊婦さんが安心してお産ができるような環境作りに励みたいです。
小木曽 望
役職 医師
氏名 小木曽 望
卒業年 平成20年
専門領域 産婦人科全般
認定医・専門等資格名 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医、
新生児蘇生法「専門」コース終了 、
母体保護法指定医師
コメント 一児の母として、妊娠・出産の経験を生かし、地域の皆様に少しでも役立つ産婦人科医療を提供したいと思っています。
東 弥生
役職 常勤嘱託
氏名 東 弥生
卒業年 平成3年
専門領域 産婦人科全般
認定医・専門等資格名 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
臨床研修指導医
緩和ケア研修会終了
コメント 平成26年4月より第一赤十字病院産婦人科に赴任致しました、東 弥生と申します。
当院へ異動になる前は第二赤十字病院で10年余りお世話になりました。昨年度より、個人的な事情でフルタイム勤務が困難となり、平日勤務は週3回(月木金)と適宜当直勤務にあたらせて頂いております。患者さまになるべく丁寧に説明し納得していただきながら診療を行いたいと考えております。至らぬところもあろうかと思いますが、どうかよろしくお願い申し上げます。
片山 晃久
役職 医師
氏名 片山 晃久
卒業年 平成24年
コメント まだ学ぶことは多いですが、経験豊富な他スタッフの厚いサポートと和気あいあいとした雰囲気の中で、日々の診療させていただいています。よろしくお願いいたします。
塚崎 菜奈美
役職 医師
氏名 塚崎 菜奈美
卒業年 平成24年
コメント 4月より赴任致しました塚崎菜奈美と申します。
綾部市立病院、京都府立医科大学付属病院で2年間の初期研修を終え、京都府立医科大学付属病院産婦人科の2年間の専攻医期間を経て、現在に至ります。患者様が安心していただける医療を提供できるよう誠心誠意努力してまいります。よろしくお願い申し上げます。

診察担当表

新患 大久保 松本 安尾 小木曽 冨田
再診 山口 冨田 大久保
妊婦検診I 小木曽 松本 冨田 安尾
妊婦検診II 塚崎 片山 塚崎 片山 山口
再診
(午後)
松本(遺伝) 松本(遺伝)
母乳外来
(午後)
助産師 助産師 助産師/助産師外来 助産師 助産師/助産師外来
(午後) 胎児スクリーニング 胎児スクリーニング 胎児スクリーニング

診療方針

  1. 周産期:
    1997年11月10日に総合周産期母子医療センターを開設して以来、京都府周産期医療の中心としての役割を果たしています。地域の医療機関と連携を密にとりながら、ハイリスク妊婦に対して高度な医療を提供しています。また、臨床遺伝専門医による出生前診断外来を開いております。
    出生前診断外来
  2. 婦人科腫瘍:
    2007年、当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けています。婦人科悪性疾患に対して、手術・化学療法・放射線治療を駆使した集学的治療を行っています。
    腫瘍外来
  3. 婦人科疾患全般:
    救急対応も含めて、子宮や卵巣の良性疾患・感染症・骨盤臓器脱などに対応します。各疾患に対して、機能温存や低侵襲に十分配慮して治療法を選択しています。積極的に腹腔鏡手術や自己血貯血などを導入し、治療後のQOLに配慮しています。
    腹腔鏡下腟仙骨固定術(LSC)

*産婦人科内で毎日症例カンファレンスを行うと同時に、さらに新生児科・放射線診断科・放射線治療科・病理診断科とも定期的なカンファレンスを実施し、意見を集約したうえで、各症例に対する診療方針を決定するようにしています。手術時には、外科や泌尿器科、麻酔科と連携して対応します。

診療実績

診療実績
分娩数 617
帝王切開術 188
双胎 36
品胎 1

(平成27年度)

(主な手術症例)
病名 症例数
手術件数(麻酔科管理症例) 537
子宮頸癌(浸潤癌) 5
子宮頸癌(上皮内癌-高度異形成) 101
子宮体癌・肉腫 12
付属器悪性腫瘍(境界悪性を含む) 22
その他の悪性腫瘍手術 0
広汎子宮全摘出術 7
腹腔鏡手術 242
子宮鏡手術 1
性器脱手術 38
子宮全摘出術 35
筋腫核出術(腹腔鏡) 41(33)

(2015年4月から2016年3月末)
(外来手術は除く)

患者さまへ

産婦人科は、女性の一生涯のライフステージに沿った診療を行います。いつでも気軽にご相談ください。

外来診療は、新患と再診・特殊専門外来、妊婦検診2診と、計4診制をとっています。診療待ち時間は出来る限り短縮するよう取り組んでいるところです。入院期間の短縮、分かりやすい治療・看護を目指し、積極的にクリニカルパスを導入しています。医師と看護師、助産師の連携により、安心・安全、かつ十分に納得できる治療を目指したいと考えています。

専門外来

周産期センターの特徴

当院産科の診療目標は、正常分娩から早産、ハイリスク妊娠など様々な患者様に対し、安心・安全な妊娠・分娩・産褥管理を提供することです。
産婦人科医師、助産師、新生児科、その他当院のすべての科との協力体制の下、あらゆる周産期の異常に迅速かつ適切な対応を心がけています。

京都第一赤十字病院産科の特徴

  1. 京都府唯一の総合周産期センター
  2. 経腟分娩への取り組み
  3. 出生前診断
  4. 助産師の活動
1.総合周産期センター

1997年、京都府唯一の総合周産期センターとして、MFICU(母体の集中治療室)、NICU (新生児の集中治療室)を有しています。 24時間緊急対応可能であり、夜間も産婦人科医の2人と新生児科医が病院で常時緊急時に備えています。 新生児科と連携し、非常に早い週数での早産(23週以降)にも対応可能です。 また、内科、外科等の他部門との連携で様々な合併症妊娠にも対応しています。麻酔科、手術室スタッフも24時間院内に待機、緊急帝王切開や産科救急疾患に対応しています。

当周産期センターは様々な連携で、安心・安全なお産の提供を心がけています。

2.経腟分娩への取り組み

近年、帝王切開率が増えている中で、経腟分娩を希望される患者様にはリスクを十分評価した上で、経腟分娩トライアルを行っています。
当院は24時間、緊急手術に対応可能であり、経腟分娩から帝王切開に速やかに切り替えることも可能です。それゆえ、一般にハイリスクと思われがちな双胎妊娠や帝王切開後妊娠でも希望があれば積極的に経腟分娩トライアルを行っています。

当院で可能な経腟分娩
 既往帝王切開後妊娠(1回までの既往)
 双胎妊娠
 高齢初産婦 など

症例毎に安全性を検討し可能と判断した他場合には積極的に経腟分娩を行っています。分娩中に経腟分娩不可能と判断したら速やかに帝王切開に変更いたします。

3.出生前診断

当科では児に何らかの先天異常がないかを妊娠中に正確に診断することを目指して妊婦健診を行っています。
当院健診の全ての妊婦さんを対象に、妊娠20週前後で胎児スクリーニングを行っています。妊娠中より児に大きな異常がないかを時間をかけてしっかり超音波で確認するための外来です。何らかの疾患が見つかった場合、出産後の速やかな治療が可能になります。 心臓に異常があれば小児循環器科医師によるより詳しい心臓の評価、大きな形態異常があれば胎児MRIなどを駆使し精査いたします。
また、妊娠初期に胎児遺伝学的出生前診断を希望する患者様を対象に出生前診断外来を設けております。京都府では、まだ一部の施設しか行っていいない新型出生前診断を提供しております。詳しくは(出生前診断のページへリンク)をご覧ください。

初期遺伝学的検査 中期〜後期
新型出生前診断
羊水検査
血清マーカー
超音波スクリーニング
胎児MRI
心疾患が疑われれば小児循環器科医師の
胎児心臓超音波

遺伝学的検査から形態学的検査まで幅広い検査を提供しています。

4.助産師の活動

産科で働いているスタッフは全員助産師です。医師と連携しながら正常妊婦から様々な疾患を持っている方々の対応を行っています。 また、産科外来では病棟助産師が診察介助につき、外来と病棟が連携して妊娠から産後まで継続して保健指導を行っています。
私達助産師が行っている活動は下記の通りです。

妊娠中 産後
両親学級・マザークラス
助産師外来
マタニティヨガ
母児同室
母乳外来
産後ヨガ

私達助産師が全力で妊娠・出産・育児をサポートします

連携病院・開業医の先生方へ

当院は、連携病院・開業の先生方からの紹介に負うところが非常に大きい施設です。その自覚に立ち、責任を持って診療にあたるよう努めていきたいと考えています。
今後、治療後の紹介患者を紹介元施設に逆紹介していくことに関しても積極的に推進し、地域との連携をさらに密に深めていきたいと考えています。