学校長ご挨拶

学校長 池田栄人

京都第一赤十字看護専門学校は、京都第一赤十字病院と同時に昭和9年に開設され83年の歴史を持っております。その後、全面的な改築工事が行われ平成26年10月に完成し、現在の新しい充実した設備の看護学校に生まれ変わりました。
当看護専門学校では、京都第一赤十字病院での急性期医療を中心として、回復期病院、療養期施設、在宅医療・介護と充実した地域連携を通して、時代のニーズに応じた総合的な教育環境を整えております。そして、「人道に基づく看護の実践者を育てる」との赤十字の教育理念のもと、充実したスタッフにより、看護の知識・技術・心の三拍子揃った看護師の養成を目指しております。平成28年3月までに、3,426名の卒業生を輩出し、学校概要に示しますように高い国家試験合格率および就職率を残しています。また、ステップアップのための進学の道も開かれています。
そのような充実した環境の中、安心して、夢を持って看護の道をスタートできるものと思っております。さあ、勇気をだして前進し、新たな未来をともに築いていきましょう!

学校長 池田栄人